Magazine

趣味

最新号

MJ無線と実験 2020年4月号

編集: MJ無線と実験編集部

定価(税込)1,430円

発売日2020年03月10日

特集は「アナログオーディオ製品ガイド」。カートリッジ、フォノイコライザーなど新製品8種を紹介! MJ無線と実験編集部 : 桂川

内容

【特集】アナログオーディオ製品ガイド
4月号ではターンテーブルからカートリッジ、アーム、クリーナーなどのアクセサリーまで、最新のアナログ関連オーディオ製品情報を特集で紹介します。

製作記事は柳沢正史氏の808/812Aコンパチシングルアンプ、岩村保雄氏の19AQ5プッシュプルアンプ、上野浩資氏の6F6GTシングルアンプ、秋一郎氏の2A3シングルアンプ、金田明彦氏のバッテリードライブ真空管プリアンプなどを掲載しています。

ここだけの話

MJオーディオフェスティバルは、残念ながら中止いたします。大変申し訳ございませんがご了承ください。

 MJ4月号の特集は「アナログオーディオ製品ガイド」です。

 

 マスプロではないがユニークな新製品、MCおよびMMカートリッジ、真空管フォノイコライザー、リニアトラッキングアーム搭載アナログプレーヤーなど新製品8種と、珍しいオープンリールテープソフトを紹介します。

 真空管アンプ製作記事は、柳沢正史氏808/812Aシングルパワーアンプ、岩村保雄氏19AQ5プッシュプルパワーアンプ、上野浩資氏6F6GTシングルパワーアンプ、秋一郎氏2A3シングルパワーアンプ、金田明彦氏オールサブミニ管MCプリアンプの5種類を収録しています。

 

 

 3月15日(日)に秋葉原で開催予定の「MJオーディオフェスティバル」は、日本国内における新型コロナウイルスのさらなる感染拡大にともない、ご来場者様、出展企業様、関係スタッフの健康面と安全面を第一に考慮した結果、当イベントを中止することで、感染拡大防止に努めることといたしました。

 本号では、校了の時点では開催の方向で準備を進めておりましたため、イベント開催についての情報を掲載しておりますが、開催を中止いたすため、大変申し訳ありませんがご了承ください。

雑誌紹介

『MJ無線と実験』は『無線と實驗』として1924年に創刊されました。創刊当初はラジオと無線通信、第2次世界大戦中は電子技術の軍事利用、終戦直後にはラジオとアマチュア無線の大ブームに乗り、その後はテレビやデジタル技術を含むエレクトロニクス総合誌となりました。1970年代からはオーディオ記事の比率を上げ、現在は「オーディオ総合月刊誌」となっています。創刊以来、自作機器を中心に、オーディオ技術を一貫してそのテーマとし、現在でも最先端の情報を反映しながらその伝統を継承し続けています。

商品名MJ無線と実験 2020年4月号

商品名(カナ)エムジェームセントジッケン 2020ネン4ガツゴウ

編集MJ無線と実験編集部

判型B5

【特集】アナログオーディオ製品ガイド
●カートリッジ,フォノイコライザー,アナログプレーヤー,トーンアームなど新製品8種とテープソフトの紹介
●レイオーディオ KINO-CART ルビーカンチレバー採用MCカートリッジ
●チュウデン MG-2875G 4種類の交換針が用意されたMMカートリッジ
●サンバレー SV-EQ1616D CR型真空管フォノイコライザーキット
●ホルボ Airbearing turntable system リニアトラッキングアーム搭載アナログプレーヤー
●クラウディオARM-MP10MkIIをダブルウーファーズが聴く
●フィデリックス NON-STAT 静電気除去器
●アキュフェーズ C-47 フォノイコライザー
●CSポート TAT2 エアベアリングターンテーブル
●スタジオ1812のオープンリールテープソフト

 

【オリジナル・サウンドシステムの製作】
●6V6 3結カソードチョークドライブ.出力10W 808/812Aカソードチョークドライブシングルパワーアンプ 柳沢正史
●製作が容易な最大出力2Wアルテックタイプ小出力アンプ 19AQ5 UL接続プッシュプルパワーアンプ 岩村保雄
●設計から改造までDIYで楽しむ真空管アンプ製作 No.6 2A3無帰還シングルアンプを作る(6) 回路とパーツの変更による高音質化 秋 一郎
●DC アンプシリーズNo.270 5702,6111 オールサブミニ管 ヘッドフォン駆動可能 バッテリードライブ真空管MCプリアンプ[前編] 金田明彦
●WE 132Bラインアンプのエッセンスをパワーアンプに生かす 6F6GTシングルパワーアンプ 上野浩資
●パソコンによるオーディオアンプ設計・製作支援 第10回 コントロールアンプ プリント基板パターンの作成準備 池田平輔
●高能率・高音質システムを目指す 小型スピーカーの設計と製作 第144回 小澤隆久
●オーソドックスな計算とWEBサイトのシミュレーションで設計 フォステクスFE103A用バスレフ型エンクロージャー[測定・試聴編] 岩井 喬

 

【オーディオテクノロジー】
●ハードウエアの変遷にみるオーディオメーカーの歴史[第74回] トライオードの歩み(3) 2000〜2002年の注目モデル 柴崎 功
●室内の定在波シミュレーション REWによるオーディオ特性測定(8) 新井悠一
●海外オークションで落札,ヴィンテージサウンドに接する 海外オープンテープ事情 小林 貢
●アナログレコード再生再入門 第23回 もう一度,アナログを始めるときに手にするレコードプレーヤーで考えたいこと(2) 正木豊
●ウエスタンエレクトリックの歴史No.13 ラジオ事業と測定器 長澤 健

 

【MJベストオーディオコンポ】
ズームアップ
●ラックスマン D-03X MQA CD/MQA ファイル対応CDプレーヤー
●バクーンプロダクツ CAP-1005 192kHz/24bit対応D/Aコンバーター CAP-1006 192kHz/24bit対応デジタルセレクター USC-1001 192kHz/24bit対応USB/SPDIF変換器
●フィデリックス STACCATO コンデンサー型ヘッドフォン用ドライブアンプ
●ロジャース WE416Limited 真空管ラインコントロールアンプ
●フィデリティムサウンド NC5DuoActivie パワーアンプ内蔵フルレンジスピーカーシステム

 

●新製品ニュース

 

【音楽/音響空間/プロオーディオ】
●Hi-Fi追求リスニングルームの夢 No.610 2系統のJBL大型システムをマルチアンプで豪快に鳴らす 福島県塙町 鈴木一秀氏宅

 

【オーディオ&ソフトガイド】
●MJニュース DCアンプで回転と位相を制御したACサーボターンテーブル 金田式モーター制御のDP-2700を聴く 小林 貢
●MJイベントレポート TOKYO AUDIO BASE 2020
●MJオーディオ情報
●LPレコードの真実 第80回 マイナーレーベルの貴公子 アメリカン・ミュージック3 山口克巳
●クラシック新譜紹介
●ジャズ・ポップス新譜紹介
●クラシック名盤名演奏(153) ベートーヴェンの「運命」あれこれ 平林直哉
●名曲を訪ねてシネマの森へ143 柳沢正史

 

【読者のページ】
●読者の作品誌上ギャラリー
●豊橋チューブアンプクラブ第24回試聴会&レコードコンサート
●MJディメンション
●部品交換

 

【表紙】
ラックスマン D-03X CDプレーヤー

Magazine

趣味