Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る

子供の科学 2016年3月号

編集: 子供の科学編集部

定価(税込)712円

発売日2016年02月10日

内容

★眠れなくなるほどおもしろい!ニュートリノと宇宙の話
「ニュートリノの研究で宇宙の謎を解き明かす」ってどういうこと!?
2015年のノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章先生のお話をもとに、小さな素粒子の研究から壮大な宇宙のしくみに迫る、難しいけどおもしろい、考え出したら止まらない謎解きの世界へみんなをご招待!
読んだら今晩眠れなくなるかも!?

●あの震災から5年・・・海底で進む! 津波予測最前線
2011年3月11日に起きた東日本大震災からもうすぐ5年。
大きな津波により多くの被害がありましたが、津波をより早く予測することができれば、避難して被害の拡大を防ぐことができるでしょう。
100~150年の間隔で繰り返し巨大地震を起こしている南海トラフでは、近い将来の地震の発生が心配されています。
そこで海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、地震・津波の早期発見を可能にするシステムの整備を進めています。
より早い警報を可能にする、進化した地震・津波予測の研究を紹介します。

●切っても切っても顔が出てくる金太郎飴づくりの現場へGO
みんな、金太郎飴って知ってるかな?
細い棒状の飴のどこを切っても顔が出てくる楽しい飴だ。
まるで芸術作品のようなこの飴、一体どうやってつくっているんだろう。
明治時代から続いているという金太郎飴本店に、その伝統の職人技を取材してきたよ!

●コレで準備万端! 3/9 部分日食観測ガイド
来たる3月9日のお昼前、太陽の一部分が欠ける「部分日食」が全国で見られるゾ。
このチャンスを見逃さないために、日食に関する基礎知識から当日の観測方法まで一挙にご紹介!


●巻末マンガ「放課後探偵」ついにSeason1最終回!
 部員の転校で放課後探偵どうなる!?&Season2のキャラ大発表
●ペットボトル内の小ビンを自由自在に動かすマジック実験!?
●青年よ大志を抱け! 今月のご当地偉人さんは北海道のあの先生
●「数学道」連載がついに最終回!!数学を好きになるには?

雑誌紹介

1924年創刊の小中学生向け科学月刊誌。話題の科学ニュースを、どこよりもおもしろく、わかりやすく解説。宇宙、生き物、テクノロジーなど、好奇心旺盛な子供たちがわくわくする科学をお届けします。創刊以来、研究者や医師、エンジニアなど一流の人たちが子供時代に読んでいた雑誌として知られています。また、毎月工夫をこらした実験や工作を多数紹介。手を動かしてものづくりをする体験を提供しています。子供向けのプログラミング学習記事も充実。記事の内容と連動したプログラミングキットの開発も行っています。

商品名子供の科学 2016年3月号

商品名(カナ)コドモノカガク 2016ネン3ガツゴウ

編集者名子供の科学編集部

判型B5

Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る