Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る

子供の科学 2017年2月号

編集: 子供の科学編集部

定価(税込)712円

発売日2017年01月10日

内容

★特集 人類は宇宙をどこまで見たか
もっと遠くへ…。人類を突き動かしてきた、この欲求を私たちはどこまで達成できたのだろうか。
今回は、最先端科学技術の結晶である宇宙探査大特集!
観音開きの「宇宙探査大マップ」を見て、これまでの主な成果を俯瞰しながら、今一番ホットな「地球外生命」と「火星への有人探査」の最新情報をチェックだ!

●開くと広がる大宇宙 太陽系探査大マップ
人類は、宇宙のどこまで探査できたのか。
世界各国の探査機が果敢に挑戦して調べた太陽系の姿をワイドなマップで紹介。

●ルイ殿のへんな生き物に会いたい!
寄生のスペシャリスト ネジレバネ
なんか変な生き物いないかなぁ〜。
検索検索っと♪ ん? ネジレバネ?
へぇ、他の昆虫に寄生する昆虫なんだ。
でもそれだけじゃ、変とはいえ…って、なにこのぶよぶよの体!
しかもメスは、宿主の体の中で一生を過ごすって!?
俄然、興味し・ん・し・ん☆

●おもしろアイディア大集合!第18回全国ジュニア発明展
公益財団法人つくば科学万博記念財団主催の「全国ジュニア発明展」が今年も開催されました。
応募は昨年よりもさらに増え、総数はなんと9187点!
小学生部門3554点、中学生部門5633点の中から見事入賞した作品を紹介します。


●秘密の施設「変電所」に潜入
●ビーカーくんがビーカー工場見学!
●大隅良典先生ノーベル賞授賞式
●MESHでイライラ棒ゲームをつくる
●マンガ初代放課後探偵が復活だ!
●電子工作でつくる星形バッジ

雑誌紹介

1924年創刊の小中学生向け科学月刊誌。話題の科学ニュースを、どこよりもおもしろく、わかりやすく解説。宇宙、生き物、テクノロジーなど、好奇心旺盛な子供たちがわくわくする科学をお届けします。創刊以来、研究者や医師、エンジニアなど一流の人たちが子供時代に読んでいた雑誌として知られています。また、毎月工夫をこらした実験や工作を多数紹介。手を動かしてものづくりをする体験を提供しています。子供向けのプログラミング学習記事も充実。記事の内容と連動したプログラミングキットの開発も行っています。

商品名子供の科学 2017年2月号

商品名(カナ)コドモノカガク 2017ネン2ガツゴウ

編集者名子供の科学編集部

判型B5

Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る