子供の科学 2019年4月号 [特大号 別冊付録付き]

編集: 子供の科学編集部

定価(税込)880円

発売日2019年03月09日

内容

★特集 数・図形センスや論理的思考力で挑め! 算数ナゾ解きバトル
ここは「ナゾ解きバトルの館」。
一度入ったら、算数の達人3人から出題されるクイズやパズルに答えなければ、脱出することは許されない……。
覚悟して次のページへと進むのだ。
クイズ大好きのトキゾー&ハテナと一緒に達人たちを撃破し、館に眠る「ナゾ解き3種の秘宝」を手に入れたとき、キミの頭脳はグーンとレベルアップしているはずだ!

●別冊付録 KoKa手帳2019
科学の情報が盛りだくさんのスペシャル付録・KoKa手帳がついてくる!
毎日のスケジュール管理や日記、お小遣い帳などに活用できるカレンダーをはじめ、単位や記号、元素周期表、公式集、外国語まで、科学に関する豊富なデータをこの1冊に収録。
2019年版は、アポロ11号による人類初の有人月面探査50周年を記念して、月の地形図なども掲載しています。
また、平成最後のKoKa手帳として、平成の科学技術史も掲載。
カレンダーページで毎週1つの豆知識が学べます。

●新連載 欠伸軽便鉄道通信 森博嗣のトコトンものづくりライフ
『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、小説家としてデビューして以来、1600万部以上を売り上げるベストセラー作家・森博嗣先生の連載がスタート!
日々の執筆活動のかたわらで、ほぼ毎日行っている「庭園鉄道」や工作。
これらを通して、“自分が本当につくりたいもの”を“自由につくる”姿、そして実現のために“自分でしくみを考える”おもしろさを紹介していきます。
“究極の”ものづくりライフをご覧あれ。

●micro:bitでレッツプログラミング! 忘れ物アラームをつくろう
今回は、micro:bitの無線通信機能を使って、大事なものの置き忘れ防止に使える、忘れ物アラームをつくってみよう。
前回の通信機能の実験が役に立つぞ!

●はじめようジブン専用パソコン マセマティカでグラフを描こう
前回は、超高級電卓のマセマティカ(Mathematica)を使って、基本操作から連立方程式(つるかめ算)を解くところまでやってみた。
今回はマセマティカでいろいろなグラフを描く方法を紹介するよ。

●新連載 学校でも塾でも教えてくれない 生きる技術
「生きる技術ってなんだろう?」キミはそう思っていないかな?
「生きる技術」とは、キミの前にやってくるさまざまな困難、例えば大災害などを乗り越えるために必要な「知恵と工夫」のことだ。
サバイバルやアウトドア、防災の知識、技術などを中心に、キミが生きていくために必ず身につけておきたい「知恵と工夫」をたくさん紹介していくよ。
第1回は、レオナルド・ダ・ヴィンチが考案した「ダ・ヴィンチの橋」をつくってみるぞ。

雑誌紹介

1924年創刊の小中学生向け科学月刊誌。話題の科学ニュースを、どこよりもおもしろく、わかりやすく解説。宇宙、生き物、テクノロジーなど、好奇心旺盛な子供たちがわくわくする科学をお届けします。創刊以来、研究者や医師、エンジニアなど一流の人たちが子供時代に読んでいた雑誌として知られています。また、毎月工夫をこらした実験や工作を多数紹介。手を動かしてものづくりをする体験を提供しています。子供向けのプログラミング学習記事も充実。記事の内容と連動したプログラミングキットの開発も行っています。

商品名子供の科学 2019年4月号 [特大号 別冊付録付き]

商品名(カナ)コドモノカガク 2019ネン4ガツゴウ トクダイゴウ ベッサツフロクツキ

編集子供の科学編集部

判型B5

ページ数122