子供の科学 2019年10月号

編集: 子供の科学編集部

定価(税込)770円

発売日2019年09月10日

内容

★特集 創刊95周年!! スペシャル特集 最先端をゆく研究者が大予測 95年後の未来はこうなる!
おかげさまで『子供の科学』は創刊95周年を迎えたよ。
それにちなんで、95年後、科学の発展によってどんな未来が待ち受けているかを、研究者たちが大予測!
お話を聞いたのは新たな時代をつくる3人の研究者だ。
宇宙人に会える? iPS細胞を使った医療はどうなる? AI(人工知能)は人類を超える?
宇宙・医療・AI、3分野の最新研究から科学技術の未来予想図を描きだす!

●おいしいまずいはどう決まる? 味覚のメカニズムに迫れ!
「食欲の秋」がやってきたね。
キミの好きな食べ物は何だろう? カレー? ハンバーグ? それともお菓子かな?
ところで、キミがそれを好きなのは“おいしいから”だよね。
でも、その“おいしい”ってどうやって感じているんだろう? 食べ物をパクッと口に入れたとき、舌はどんなしくみで働くのだろう?
そんな味覚のメカニズムに迫るべく、専門家の先生にお話を聞いてきたぞ。

●IoT開発ボード“obniz”で インターネットから動かす電子工作を体験しよう!
センサーやモーターを使った電子工作を、インターネットから動かしたい!
でも、おもしろいアイディアはあっても、プログラミングや電子回路に加えて、ネットワークの知識まで必要となると、ちょっとハードルが高いよね。
そんなときに強い味方になってくれるのが“obniz”だ!
いったいどんなことができるのかな?

●micro:bitでレッツプログラミング! ジンバルをつくってみる
ジンバルは、1つの軸を中心にして、物を回転させる回転台だ。
デジタルカメラやドローンなどで動画を撮影するときに、ぶれを補正する目的で使われるよ。
今回は、このジンバルのしくみを再現してみよう。

●はじめようジブン専用パソコン プログラムで音楽を演奏しよう
J-POPにアニソン、ボカロにクラシック……みんなはどんな音楽が好き?
聞くだけじゃなくて、リコーダーや鍵盤ハーモニカを演奏するのも楽しいよね。
でも、楽器は練習しないとなかなかうまくならない。
そこで、今回はスクラッチのプログラムで音楽を演奏してみよう。

雑誌紹介

1924年創刊の小中学生向け科学月刊誌。話題の科学ニュースを、どこよりもおもしろく、わかりやすく解説。宇宙、生き物、テクノロジーなど、好奇心旺盛な子供たちがわくわくする科学をお届けします。創刊以来、研究者や医師、エンジニアなど一流の人たちが子供時代に読んでいた雑誌として知られています。また、毎月工夫をこらした実験や工作を多数紹介。手を動かしてものづくりをする体験を提供しています。子供向けのプログラミング学習記事も充実。記事の内容と連動したプログラミングキットの開発も行っています。

商品名子供の科学 2019年10月号

商品名(カナ)コドモノカガク 2019ネン10ガツゴウ

編集子供の科学編集部

判型B5