書名
著者名
キーワード

無線と実験

88件の商品がございます。

MJ 無線と実験 2018年1月号

特集:MJテクノロジー・オブ・ザ・イヤー 2017
特集は2017年度の年間アワードを決定する『第36回テクノロジー・オブ・ザ・イヤー賞』発表に加え,部門入賞機種を紹介しています.
また新年号特別付録として『MJオーディオテクニカルディスクNo.9』,製作記事は征矢進氏の50シングルパワーアンプ,柳沢正史氏の5670WA単管ヘッドフォンアンプなど豊富な内容です.
定価: 本体1,143 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2017年12月号

特集:オーディオ装置の能力を引き出す 信号系オーディオアクセサリー and more
12月号は多くの製品が鎬を削るラインケーブルなどの信号系アクセサリーと,その他関連アクセサリーを特集します.
製作記事は,佐久間駿氏のクリスタルカートリッジ用フォノEQ,岩村保雄氏の5A6G 5結プッシュプル,長島勝氏のPCL83真空管ラインアンプなどを掲載しています.
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2017年11月号

特集:AC電源とアースの質を改善 電源系アクセサリー10種の試聴
11月号は,オーディオの音質に大きな影響を及ぼす電源周りのアクセサリーと,使い方の工夫を特集しています.そのほか製作記事は,征矢進氏のWE421Aプッシュプルアンプ,長島勝氏のEL82 CSPPパワーアンプ,上野浩資氏のEL84/6BQ5プッシュプルアンプ,金田明彦氏のDC録音システムなどを掲載しています.
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2017年10月号

特集:6L6系出力管を使った真空管パワーアンプの競作
特集は,10月の真空管オーディオ・フェアMJ試聴イベントに向け毎年恒例となった,アンプ競作特集です.今年のテーマは6L6系真空管シングルアンプで,征矢進氏,岩村保雄氏,長島勝氏が腕をふるいます.そのほか金田明彦氏のDC録音システム,安井章氏の新日本無線MUSES.03使用8Wパワーアンプなどを掲載しています.
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2017年9月号

特集:キットで作るオーディオアンプ
特集は,オーディオ製作の入り口,アンプキットの製作特集です.サンバレー845/211コンパチシングルアンプ,アラルガンド真空管プリアンプ,otomatsuフォノEQなどを組み立て,詳細にレポートします.製作記事は柳沢正史氏の845シングル,征矢進氏の3C33プッシュプル,金田明彦氏の448A+SCT3030ALハイブリッドパワーIVCなどを掲載しています.
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2017年8月号

特集:オーディオクラフトのアイデアと工夫
本号の特集は、MJ執筆陣が長年培ったテクニックを誌上でお伝えする「オーディオ製作アイデア集」です。製作記事は佐久間駿氏のMJデビュー40周年記念作845シングルプリメインアンプ、征矢進氏のムラード型位相反転プッシュプルアンプ、岩村保雄氏の5A6プッシュプルアンプ、金田明彦氏の448A+SCT3030ALハイブリッドパワーIVCなどを掲載しています。
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2017年7月号

特集:内外ヘッドフォン5種の試聴と測定
大型イベントで活況が続くヘッドフォンオーディオの世界を、最新ヘッドフォン、周辺機器などのレポートでお伝えします。製作記事は征矢進氏の10Yシングルアンプ、長島勝氏の16A8プッシュプルアンプ、金田明彦氏のバッテリードライブNutubeハイブリッドパワーIVC,安井。
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2017年6月号

特集:『最新アナログオーディオ情報』日本でも海外でもアナログレコード再生が熱い
ますます活況を見せるアナログレコード関連の最新情報をソフトとハードの両面からレポートします。製作記事は柳沢正史氏の50/250シングルアンプ、征矢進氏の46/246シングルアンプ、金田明彦氏のバッテリードライブNutubeハイブリッドパワーIVC、安井章氏のEQアンプなど、豊富な内容です。
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2017年5月号 [特大号 付録付き]

特大号別冊付録:『多極管アンプ回路図アーカイブ』1970年代の無線と実験から
昨年好評だった『1970年代直熱3極管回路図アーカイブ』の続編として,『無線と実験』掲載の多極管アンプ回路図集を付録とします.製作記事は岩村保雄氏のPX25シングルアンプ,征矢進氏の1626シングルアンプ,長島勝氏の6A4/LAシングルアンプ,金田明彦氏の電流伝送Nutubeハイブリッドプリアンプなど,豊富な内容です.
定価: 本体1,143 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2017年4月号

特集:最新スピーカーキットの音質を確かめる
特集は、簡単に組み立てられて製品同様の仕上がりが得られる完成箱から、本格的な板材セットまで、最新スピーカーキット4種の試聴と測定を行っています。製作記事は佐藤進氏のVT-25シングルアンプ、征矢進氏の211シングルモノーラルアンプ、岩村保雄氏の5A6パラシングルアンプ、金田明彦氏の電流伝送Nutubeハイブリッドプリアンプなどを予定しています。
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2017年3月号

特集:第2回MJオーディオフェスティバルの楽しみ方
特集は、3月12日に迫った本誌の読者イベント「第2回MJフェス」で行う予定の試聴イベント、その他コンテンツを紹介しています。また製作記事は柳沢正史氏のDA100シングルアンプ、佐久間駿氏の50/6550コンパチブルアンプ、長島勝氏の2A3プッシュプルアンプ、金田明彦氏の半導体超多機能プリアンプなど、豊富な内容です。
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2017年2月号

特集:MJ筆者がおすすめする 好音質試聴用ソフト
2月号は音楽鑑賞だけでなく,音質を確認するためや試聴会でのデモンストレーションなど,オーディオの性能を引き出す音源に焦点を当て,MJ執筆陣がおすすめする好音質ソフトを紹介.また製作記事は岩村保雄氏のWR50シングルアンプ,征矢進氏の25C6プッシュプルアンプ,金田明彦氏の半導体超多機能プリアンプ,安井章氏のチャンネルデバイダ豊富な内容です.
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2017年1月号 [特大号 付録付き]

特集:第35回MJテクノロジー・オブ・ザ・イヤー 2016年度71機種を選出
今年度中に取材したオーディオ機器から優れた製品を選出する『テクノロジー・オブ・ザ・イヤー賞』を発表.また,製作特集『真空管1本から始めるアンプ製作入門』は,征矢進氏のECC88単球ヘッドフォンアンプ,長島勝氏のPCL83ミニアンプなどを掲載.さらに金田明彦氏のDP-3000用モーター制御アンプなど豊富な内容です.
定価: 本体1,143 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2016年12月号

特集:オーディオ機器の実力を引き出す 信号系オーディオアクセサリー+α
特集は,アイデアと使いこなし次第で大きな効果を生む,ラインケーブルなど信号系のオーディオアクセサリー類を詳細にレポート.製作記事は征矢進氏のRK20シングル,岩村保雄氏のEL84CSPPアンプのほか,金田明彦氏のデンオンDP-3000用モーター制御アンプなどを掲載.また,真空管オーディオ・フェアの模様も速報でお伝えしています
定価: 本体1,048 円+税
数量:

MJ 無線と実験 2016年11月号

特集:同一出力トランスで製作した好音質シングルアンプの競作
オーディオシステムの音作りで根幹となる電源ケーブル,電源タップなどを,MJならではの視点で詳細にレポートしています.製作記事は佐久間駿氏の6550ドライブ845プッシュプルアンプ,金田明彦氏の電源一体型ハイブリッドSiC,MOS-FETパワーIVCのほか,長島勝氏が話題の新型管コルグNutubeを使用したヘッドフォンアンプを発表します.
定価: 本体1,048 円+税
数量: