○○化するデザイン

JAGDA REPORT

編集: 公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会

定価(税込)1,100円

発売日2015年06月29日

ISBN978-4-416-91570-7

内容

既存の境界線を越えて、表現の場を拡大している現代のグラフィックデザインにおいて、各デザイナーはどのような思考プロセスを踏んでいるのか。そのプロセスや展開を掘り下げる。

 

第1部「川上化するデザイン」では、原研哉、佐藤可士和、えぐちりか、有馬智之らが様々な業種の企業との共同作業について語る。

 

第2部の「社会化するデザイン」では教育、知育、地域などをテーマに社会に深くコミットするデザインの状況について、佐藤卓、 松下計、玉利康延、原田佑馬らが登場。

 

第3部は「流動化するデザイン」。アートやファッションとつながる領域横断的な実践について、田中義久、佐藤寛、田中良治川上俊らに取材する。

 

グラフィックデザインの新たな活動の創出に向けて、領域が複雑に交錯するデザインの状況を整理し、各事例の構造や背景から見えてくるものを読者と共有する。

 

デザインは色部義昭。JAGDA会報誌を要望に応えて一般販売するもの。

 

企画・編集:JAGDA広報委員会
永井一史(委員長)、色部義昭、岡室 健、田中良治
アートディレクション:色部義昭
編集協力:原田優輝氏(QONVERSATIONS)

著者紹介

公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(コウエキシャダンホウジンニホングラフィックデザイナーキョウカイ)

JAGDA(公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会)は、1978年に設立されたグラフィックデザイナーの全国組織。会員数約3000名。年鑑の発行、展覧会やシンポジウムの開催、デザイン教育、公共デザインや地域振興への取り組み、国際交流など、多岐にわたる活動を行い、日本のグラフィックデザインの発展とコミュニケーション環境の質的向上に寄与している。

商品名 ○○化するデザイン

商品名(カナ) マルマルカスルデザイン

編集 公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会

判型 B5変(縦260mm×横187mm)

ページ数 80

お詫びと訂正

関連情報