日本語組版入門

その構造とアルゴリズム

著者: 向井裕一

定価(税込)2,750円

発売日2018年06月08日

ISBN978-4-416-61868-4

内容

日本語組版を設計するためには、ルールや方針の背景にある構造と原理を理解することが必要です。

本書では組版を「覚えるべき慣習的なルール」ではなく、組版を形成する要素とその属性の組み合わせによるプログラムとして整理。
日本語の記述システムや組版の技術的構造を踏まえたうえで、印刷からオンスクリーンまであらゆる場面に対応する考え方を解説します。

本書ではさらに、組版とページ版面、使用する書体のデザインそれぞれの関係性についても分析・考察。
日本語情報処理を越えたトータルな日本語タイポグラフィへの視点も提示します。
巻末には現場的なニーズにもすぐに対応できるAdobe InDesign CCの設定例一覧も収録。
従来のルールブックの枠組をアップデートし、これからのスタンダードとなる一冊です。

著者紹介

向井 裕一(ムカイ ヒロカズ)

1957年大阪生まれ。デザイナー。グラフィックデザイン、デジタル・パブリケーションに関連する企画・編集・デザインを手がける。著書に『日本語組版の考え方』(誠文堂新光社)、共著に『香港―多層都市』(東方書店)、編著に『基本 日本語活字集成OpenType版』(誠文堂新光社)。

商品名 日本語組版入門

商品名(カナ) ニホンゴクミハンニュウモン

著者 向井裕一

判型 A5変形

ページ数 208

まえがき
1章:日本語表記の特徴
2章:組版とは何か
3章:組版面を決定する属性の種類と関係
4章:基準点と方向属性
5章:揃えに関係する属性
6章:行内の配置
7章:禁則と分離禁止
8章:段落と版面の属性
9章:行頭と行末の配置
10章:版面の調整処理
11章:頁デザインと組版
12章:活字デザインと組版
付録:Adobe InDesign CC の組版設定

お詫びと訂正

関連情報