Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る

ジ・アート・オブ Cuphead

著者: Studio MDHR / 翻訳: 上田 香子 / 翻訳監修: GameTomo

定価(税込)4,400円

発売日2021年03月03日

ISBN978-4-416-62026-7

全世界で大ヒットしたインディーゲームの傑作『Cuphead』のアート集の邦訳版。

内容

全世界で大ヒットしたインディーゲームの傑作『Cuphead』のアート集が邦訳化!

 

高い評価を得た『Cuphead』のアートブックは、アニメーションが黄金時代を迎えた1930年代に戻ったような気分にさせてくれる一冊。
30年代ヴィンテージ風のビジュアルや雰囲気が伝わるようデザインされた本書は、どの頁もアートワークが満載で、1フレームずつ手で描かれた伝統的なアニメーションや初期コンセプト、さらにはプロダクションワーク、キャラクター、ボス、ステージなどの当初のアイデアも多数紹介したファン必見のアート集です。

 

本書を手にして、デビルからタマシイを取り戻すためのカップヘッドとマグマンの冒険を追体験するのはいかがでしょうか。
開発者であるチャドとジャレッドのモルデンハウワー兄弟に導かれ、インクウェル島再発見の旅に出かければ、『Cuphead』のアニメーションスタイルと挑戦的でレトロなこのゲームの魅力がより一層深まることでしょう!

著者紹介

Studio MDHR(スタディオ エムディーエイチアール)

チャドとジャレッドのモルデンハウワー兄弟によって設立された独立系ビデオゲーム会社。
北米中から集まったチームはリモートで仕事をしつつ、Xbox One版とPC版で『Cuphead』を発売。
商業的に成功し、批評家からも称賛を受けた。

上田 香子(ウエダ キョウコ)

津田塾大学卒業。IT系の翻訳会社への勤務を経て、2017年にフリーランスの翻訳者として独立。
主に海外ドラマやドキュメンタリー番組などの字幕翻訳を、また、『サンストーン』など海外コミックの翻訳も手がけている。

GameTomo(ゲームトモ)

“ゲーマーの友(TOMO)として世界中のゲームと絆を結ぶ”をスローガンに掲げ、『Cuphead』『プロジェクト・ニンバス』『ロスト・エンバー』といったインディーゲームのローカライズやパブリッシングを手がける会社。
また、『すみれの空』などのタイトルでは自社開発も展開している。

商品名 ジ・アート・オブ Cuphead

商品名(カナ) ジ アート オブ カップヘッド

レーベル名 G-NOVELS

著者名 Studio MDHR

翻訳者名 上田 香子

翻訳監修名 GameTomo

判型 A4変(縦280mm×横215mm)

ページ数 264

はじめに
第1章 我らが勇敢なヒーローたち
第2章 サポートキャラクターたち
第3章 インクウェル島1
第4章 インクウェル島2
第5章 インクウェル島3
第6章 インクウェルヘル
第7章 細部まで美しく
第8章 デリシャス・ラスト・コース

お詫びと訂正

Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る

関連情報