裂織りでつくるバッグ

古着をもう一度、お気に入りに

著者: 松永 治子 / 著者: 松永 希和子

定価(税込)1,650円

発売日2013年06月14日

ISBN978-4-416-61370-2

内容

もう着なくなったTシャツやセーター。たんすに眠っていた着物。ずっと使ってきたけれど、もうそろそろ…、というシーツやカバー。そのまま処分してしまえばそれまでだけれど、細く切って糸にして織る「裂き織り」にすれば、また新たな命が吹き込まれます。思いがけない柄や質感が生まれたりするのも楽しいもの。そんな裂き織りを、ずっと使いたいおしゃれなバッグに。モノトーンのスタイリッシュなバッグ、カラフルでポップなバッグ、皮と組み合わせた、シンプルな毎日使いたいバッグ…。トートバッグ、ショルダーバッグ、手提げ、きんちゃく、ポーチなどさまざまな形、表情の素敵なバッグの作り方を30点以上紹介。卓上機を使った裂き織りの手法や、親子でも楽しめる箱織りの方法なども丁寧に説明しているので、初心者でも大丈夫です。また、裂き編みの作品も4点収録。捨ててしまうには惜しい、思い出の布をバッグによみがえらせて、また一緒に過ごしてみませんか?

著者紹介

松永 治子

染織作家。柳悦孝染職研究所の助手を務めた後、アメリカで制作活動を行なう。帰国後、美術系の大学でアパレル素材のデザイン・制作を指導し、現在はWarp&Weft Textile Design Studioで染職を教えている。

松永 希和子

女子美術短期大学部を卒業し、広告プロダクション勤務を経て、織りの道に入る。現在はWarp&Weft Textile Design Studioで織りと染めのデザインと制作をしている。

商品名 裂織りでつくるバッグ

商品名(カナ) サキオリデツクルバッグ

著者 松永 治子

著者 松永 希和子

判型 B5

ページ数 96

お詫びと訂正

関連情報