基本セオリーがわかる 花のデザイン 〜歴史・テクニック・デザインテーマ〜

花を活ける人が必ず知っておきたい

監修: 磯部 健司 / 編集: 花職向上委員会

定価(税込)2,090円

発売日2014年10月06日

ISBN978-4-416-61400-6

内容

花の世界にも、音楽や料理、建築などさまざまな分野と同様に、これまでに培われてきた歴史や理論、技術があります。
本書は、花のデザインをするうえで知っておきたい、基礎知識と造形の理論を120の豊富な作例からひもとく決定版です。

花のデザインを行うさいに、感性だけではなく、根底となる考え方やテクニック=基礎が身についていれば、あらゆる造形やテーマに対応することができます。
自由な発想だけでは限界を感じることがあっても、ベースとなる知識を身につけていれば、そこから新たなデザインを生み出すことができるのです。
そのためのさまざまな知識をピックアップしてまとめたのが本書です。
花を扱うすべての人に贈る、知識と技術の向上のための1冊。
初心者から上級者まで、手元に置いて何度も読み返していただきたい、保存版です。

著者紹介

磯部 健司(イソベ ケンジ)

花職向上委員会委員長。フローリストアカデミー代表、株式会社花の百花園取締役。1997TOY世界大会優勝。各種団体の講師を務め、花のデザインだけでなく、花職向上のためプロに向けた指導に力を注ぐ。

花職向上委員会(ハナショクコウジョウイインカイ)

「花」に携わるすべての「職」を持った方々の知識や技術、地位の向上、花業界の発展のために活動する任意団体。

商品名 基本セオリーがわかる 花のデザイン 〜歴史・テクニック・デザインテーマ〜

商品名(カナ) キホンセオリーガワカル ハナノデザイン レキシ テクニック デザインテーマ

監修 磯部 健司

編集 花職向上委員会

判型 B5

ページ数 128

お詫びと訂正