大和言葉つかいかた図鑑

日本人なら知っておきたい 心が伝わるきれいな日本語

著者: 海野凪子 / イラスト・画: ニシワキタダシ

定価(税込)1,320円

発売日2016年01月14日

ISBN978-4-416-71591-8

内容

奇跡のベストセラータッグが、大和言葉を絵と文で解説!
身近な例文&なごむイラストで、楽しみながら使い方が身につく!

 

★★海野凪子(『日本人の知らない日本語』) ★★
          ×
★★ニシワキタダシ(『かんさい絵ことば辞典』) ★★

 

いま、日本人の感性にしっくりくる優しい響きの和の言葉、大和言葉が見直されています。
たとえば、「若干」ではなく「いささか」と言えば、奥ゆかしさが伝わります。
「詳細に」ではなく「つぶさに」と言えば、相手にやわらかな印象を与えます。

 

品のある言葉を使ってみると、日々がちょっとウキウキします。
「ここぞ」の場面で気の利いたとっさのひと言が言えると、一瞬で空気がなごみます。
本書は、ユーモアのあるイラストと、身近な例文、易しくわかりやすい解説。
楽しみながら大和言葉の使い方が身に付きます。

 

■内容を一部ご紹介■

 

【あいさつ】
・長居をしてしまいました。そろそろ〔おいとま〕致します。
・これからもどうぞ〔よしなに〕とお伝えください。 ほか

 

【人づきあい】
・お酒ですか? そうですね、〔たしなむ〕程度です。
・そんな言い方では〔角が立つ〕よ。 ほか

 

【しごと】
・彼女の頼みなら〔いちもにもなく〕引き受けるよ。
・引き受ける人が誰もいなかったらしく、私のところに〔お鉢が回って〕きた。 ほか

 

【すがたかたち】
・彼のお姉さんは〔すこぶるつきの〕美人だよ。
・彼の〔したり顔〕を見ると悔しくてしかたがない。 ほか

 

【ようす】
・人が〔ひたむき〕に何かをしている様子には心打たれる。
・彼女はその場であったことを〔つぶさに〕話してくれた。 ほか

 

【たち】
・彼は自分のことを特別だと思っている〔節がある〕。
・彼はああ見えて〔気働き〕のある人だよ。 ほか

 

【評価】
・働き者だと思っていたけれど〔眼鏡違い〕だったようだ。
・彼女の料理の腕は〔くろうとはだし〕だよ。 ほか

 

【程度】
・〔いささか〕風変わりな衣装ですね。
・決してあそこには行ってはいけない。〔ゆめゆめ〕忘れるな。 ほか
・お金はあるに〔こしたことはない〕。

 

【きもち】
・長年の友人である彼の結婚式だ。出席するのに〔やぶさかではない〕。
・彼の話はあまり〔ぞっとしない〕ものだった。 ほか

 

【まちあるき】
・やんだと思ったのに〔またぞろ〕雨が降り出した。
・釣りをするには〔おあつらえ向き〕の天気だ。 ほか

 

☆海野凪子氏による日本語コラム、便利なさくいん付き!

著者紹介

海野 凪子(ウミノ ナギコ)

日本語教師。著書に、『日本人の知らない日本語』(メディアファクトリー)、『日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典』(幻冬舎)、『「国際人」はじめました。 コミュニケーションに国境なし! 共感&納得コミックエッセイ』(大和書房)などがある。

ニシワキ タダシ

イラストレーター。1976年生まれ。大阪在住。イラストレーションの仕事を中心に幅広く活動中。著書に『かんさい絵ことば辞典』『ニシワキタダシの日々かるたブック』『かんさい味 あたらしいことわざ絵辞典』『こんなときのどうする絵辞典』(パイインターナショナル)、『えBOOK』(大福書林)などがある。

商品名 大和言葉つかいかた図鑑

商品名(カナ) ヤマトコトバツカイカタズカン

著者 海野凪子

イラスト・画 ニシワキタダシ

判型 [ 縦 : 175mm ] [ 横 : 128mm ]

ページ数 200

お詫びと訂正