東大フカシロ式 賢い脳をつくるスポーツ子育て術

隠れた才能を科学的に引き出す

著者: 深代 千之

定価(税込)1,430円

発売日2013年06月21日

ISBN978-4-416-71306-8

内容

スポーツの経験が、子供を大きく成長させることは、多くのお父さん、お母さんがイメージしていることです。体をめいっぱい動かすことで、健康でたくましくなる。厳しい練習に取り組むことで、努力や忍耐、継続する力がつく。チームで行動することで、コミュニケーション力がつく。単に体を強くするだけでなく、勉強に取り組む力や、たくましく将来を切り拓いていく力を養ってくれます。子供にスポーツをさせることの効力をあげればキリがありません。

ところが、すべてのご家庭でうまくいくかというと、残念ながらそうなっていないのです。そもそも子供が運動嫌い、運動オンチというケースも多いですし、せっかく始めたスポーツも長続きしない、チームを指導する先生とうまくいかない、部活動には一生懸命だけど勉強してくれない、チームメイトとギクシャクしている、などなど…悩みを抱えることのほうが多いことでしょう。
また、日本のスポーツ教育の現場はいま危機を迎えています。体罰の問題が大きくクローズアップされ、勝利至上主義による指導の方法が見直されているところです。これまで多くのスポーツで厳しく叱って教えこむ指導が行われていましたが、上から押さえ込んで従わせることが子供をのびのび成長させることにつながるはずがありません。

本書は、東大でスポーツ科学を研究し、多くのアスリートや学生を見てきたフカシロ先生が、強く叱ったり、無理な要求を押し付けることなく、子供がワクワクしながら、自分からやってたくましく成長していくスポーツ子育て術をレクチャーするものです。運動が苦手という子も、スポーツ科学のノウハウを取り入れれば、自然と体を動かすことが上手くなります。理にかなった体の使い方やトレーニングは、子供の脳や神経をぐんぐん活性化させます。厳しい練習も自分から積極的に取り組めば、心をどんどんたくましくしていくでしょう。
まずはお父さんお母さんがご家庭で、スポーツを通した子育てを実践できるよう、親子でできる運動や悩んでいる子供への言葉かけなどを具体的に紹介しました。小学生の子供と両親が悩みながら成長していくストーリーを追いながら、実際の悩みに対してフカシロ先生がアドバイスをするので、「そうそう」と共感しながらすらすら読んでいけます。

著者紹介

深代 千之

東京大学大学院総合文化研究科生命環境科学系教授。研究分野はスポーツバイオメカニクス。著書「運動会で1番になる方法―1ヶ月で足が速くなる股関節活性化ドリル」「スポーツができる子になる方法」「運動も勉強もできる脳を育てる 「運脳神経」のつくり方」など多数。

商品名 東大フカシロ式 賢い脳をつくるスポーツ子育て術

商品名(カナ) トウダイフカシロシキ カシコイノウヲツクルスポーツコソダテジュツ

シリーズ名 子育てサイエンス

著者 深代 千之

判型 四六

ページ数 192

お詫びと訂正

関連情報