まるごと観察 富士山

壮大な火山地形から空、生き物まで世界遺産を知る

編著: 鎌田 浩毅

定価(税込)2,420円

発売日2013年08月23日

ISBN978-4-416-11370-7

内容

世界遺産に登録され、注目度が高まる富士山の科学を、豊富な写真と図版でわかりやすくまとめた1冊。富士山はどのようにして日本一高く、美しい山になったのか、噴火を繰り返してきた成り立ちや構造から、噴火によってもたらされたさまざまな美しい地形、地下の水脈や土壌のひみつ、富士山噴火の予測や被害・防災、そして実際に富士山に訪れたときに観察したい不思議な空の現象や哺乳類、鳥、昆虫、植物などの生き物まで、富士山にまつわる自然を網羅しました。子供たちが実際に訪れて、富士山の壮大な自然を体感できるように、富士山周辺のさまざまな観察スポットのマップや、実際に自然観察をするときのポイント、注意点なども紹介。夏の自由研究や調べ学習にも最適です。

著者紹介

鎌田 浩毅

京都大学教授。専門は火山学、地球科学・科学コミュニケーション。「科学の伝道師」「地球の達人」として著書、メディア出演多数。日本火山学会誌「火山」編集長、日本地質学会火山部会長、日本火山学会理事、気象庁活火山改訂委員、内閣府災害教訓継承分科会委員などを歴任。

著書に『火山はすごい』(PHP新書)、『地球は火山がつくった』(岩波ジュニア新書)、『富士山噴火』(講談社ブルーバックス)、『火山と地震の国に暮らす』(岩波書店)、『もし富士山が噴火したら』(東洋経済新報社)、『地震と火山の日本を生きのびる知恵』(メディアファクトリー)、『京大人気講義 生き抜くための地震学』(ちくま新書)など多数。

商品名 まるごと観察 富士山

商品名(カナ) マルゴトカンサツ フジサン

シリーズ名 子供の科学★サイエンスブックス

編著 鎌田 浩毅

判型 B5変(縦230×横182mm)

ページ数 96

お詫びと訂正

2013年8月に刊行いたしました「子供の科学★サイエンスブックス まるごと観察 富士山」の初版本に誤りがありました。
2014年6月刊行の第2刷以降につきましては、改訂したものを掲載しております。

(初版本の訂正)
88〜89頁に掲載しました「船津胎内樹型」の写真について、運営する河口湖フィールドセンターの許可なく掲載してしまいました。本来であれば「取材協力/河口湖フィールドセンター」と記載するべきでした。

また、22頁「肋骨肌の洞窟」の写真説明について、「溶岩が流れ去った跡の模様」と記載しておりますが、正しくは以下のようになります。

「樹木の周りを囲んだまま固まった溶岩が、再び溶けて壁をタラタラと垂れていったことで、まるで肋骨のような岩肌になったと考えられる。」

読者ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げるとともに、上記のように訂正させていただきます。

関連情報