Book

子供 趣味

子どもと楽しむ俳句教室

豊かな感性と国語力を育てる

著者: 金子 兜太

定価(税込)1,650円

発売日2014年06月13日

ISBN978-4-416-61444-0

内容

本書は、こどもと一緒に俳句作りを楽しみたい、こどもに俳句を教えたい、そんな保護者や先生のための、やさしい俳句の入門書です。

2011年度から実施された新学習指導要領で、小学校の授業に「俳句」が加わり、これをきっかけに俳句に親しむこどもが増えています。
俳句には、ものを見る・気づく力や柔軟な感性を養い、言葉のリズム感を育てる力があると金子先生は言います。
対象をよく見て感じることで、いろいろなものに気付くようになり、愛情が湧いてきます。それは、すべての物事を大事にすることにつながってきます。俳句には、そんな可能性があるのです。
また、大人はこどもの俳句を通じて、子供が何を感じ、考えているかを理解することができます。

俳句が詠めるようになるだけではなく、表現力や心も育てる、それがこの本のめざしているものです。
俳句の基本のほか、言葉遊びや俳句の素材、季語探しなど、音や季節感に触れながら、無理なくのびのびと、楽しみながら俳句づくりができるよう構成を工夫しました。名句の鑑賞や句会の開き方、金子先生のこども時代の話やQ&Aも掲載し、俳句の知識のない大人でも、こどもとともに俳句に親しんでいける内容になっています。

俳句づくりは一生の楽しみ。ぜひ、こどもと一緒に、俳句を詠み、味わってください。
これから俳句を作ってみたい大人にもおすすめの1冊です。

著者紹介

金子 兜太(カネコ トウタ)

1919年、埼玉県生まれ。俳人、加藤楸邨に師事する。東京大学経済学部卒業後、日本銀行に勤務しながら、前衛俳句の騎手として戦後の俳壇をけん引。第一句集『少年』で現代俳句協会賞を受賞。その他、詩歌文学館賞、蛇笏賞、日本芸術院賞、毎日芸術賞、紫綬褒章などを受章、文化功労者に選出される。現在、俳句結社「海程」主宰、日本芸術院会員、現代俳句協会名誉会長、朝日俳壇選者。著書多数。

商品名 子どもと楽しむ俳句教室

商品名(カナ) コドモトタノシムハイクキョウシツ

著者 金子 兜太

判型 A5

ページ数 208

お詫びと訂正

Book

子供 趣味

関連情報