Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る

近刊

見てわかる! エネルギー革命

気候変動から再生可能エネルギー、カーボンニュートラルまで

著者: 一般財団法人 エネルギ-総合工学研究所

定価(税込)2,750円

発売日2022年01月25日

ISBN978-4-416-52212-7

「SDGs」「脱炭素・カーボンニュートラル」…。今、気になる問題をやさしく解説!

著者紹介

一般財団法人 エネルギ-総合工学研究所

エネルギー技術の体系的基盤の確立・向上を図り、国民経済の健全な発展に寄与することを目的に、昭和53年4月1日に「財団法人エネルギー総合工学研究所」として設立。「エネルギーの未来を拓くのは技術である」との認識の下、シンクタンクとしての研究活動を続けている。
対象分野は地球環境、新エネルギー、電力システム、水素エネルギー、炭素循環エネルギー、原子力と多岐にわたっており、とくに昨今では、CO2の有効利用技術開発推進やカーボンリサイクル、カーボンニュートラルなど、脱炭素エネルギーシステム分野での最先端の情報を有する。

ここだけの話

目に見えないエネルギー、どう見せる⁉

本書は、今までになくわかりやすく楽しくエネルギーのことが学べる本をつくろう!と企画がスタートしました。

「わかりやすくするためには、豊富な写真とイラストを入れたい」と思い、スタッフ陣と「目で見てパッとわかる」という合言葉を胸に、制作を進めるものの……。

 

電気もガスも目に見えないので、ビジュアル化するのがムズカシイ!

 

 

とくに苦労したのは、「運動エネルギー」や「位置エネルギー」、「電気エネルギー」などのエネルギーの種類を解説する部分。
たくさんの資料を探し、著者の一般財団法人 エネルギー総合工学研究所の方にも相談することに。

 

そこで出来上がったのが、自転車で丘を登る様子を描いた写真のイラストです。
この大きなイラスト1枚で、さまざまなエネルギーを表現しているのです!(詳しくはぜひ本書をご覧ください)

 

ほかにも、「石油」のページでは、原油のイメージ写真を見つけるのに苦労しました。

最初は灯油のタンクのイメージ写真を入れていたのですが、著者から「これは石油そのものではないので、誤解を招くかも。ドロッとした泥のような原油の写真を入れるべきでは?」と指摘があり、変更しました。

 

私たちが普段目にしている石油は精製されているものなので、こういった泥のようなビジュアルを目にすることはあまりないのではないでしょうか。

 

 

エネルギーのビジュアル化とことんこだわった本書を、ぜひ手に取ってみてください。

商品名 見てわかる! エネルギー革命

商品名(カナ) ミテワカル エネルギーカクメイ

シリーズ名 子供の科学サイエンスブックスNEXT

著者名 一般財団法人 エネルギ-総合工学研究所

判型 B5変形(縦238mm×横188mm)

ページ数 80

はじめに

エネルギー新時代がやって来る!
もっと知りたい! コラム:COP・パリ協定とは?

第1章 エネルギーってなんだ?
エネルギーにはどんな種類があるの?
私たちの生活を支えるエネルギー
ものをつくったり運んだりするエネルギー
エネルギー革命の歴史を見てみよう 

第2章 エネルギーの種類
エネルギーがつくられる流れ

PART1. 私たちが使うエネルギー
電気/ガス/液体燃料/水素

PART.2 エネルギーのもとになるもの
石炭/石油/天然ガス/原子力/太陽光/風力/水力/地熱/バイオマス/ゴミ/海/核融合

エネルギー資源の特徴を比べてみよう
もっと知りたい! コラム:床を踏んで発電する!?

第3章 エネルギーの未来
エネルギーの課題
カーボンニュートラルの取り組み①脱炭素社会に向かう世界の動き
カーボンニュートラルの取り組み② カーボンニュートラルをどう実現する?

未来社会のエネルギーの姿
もっと知りたい! コラム:進む! 家電の省エネ化

あとがき
用語集
索引

お詫びと訂正

Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る

関連情報