フィールドで出会う哺乳動物観察ガイド

生態写真でわかる探し方や見わけ方のポイント

著者: 山口喜盛

定価(税込)1,980円

発売日2017年01月13日

ISBN978-4-416-61639-0

内容

日本には、約120種の哺乳動物が棲息していると言われています。

本書は、その中から陸生哺乳動物(鯨類、海牛類を除く)の代表的な種類を取り上げ、その野生の姿や貴重な生態写真を多く掲載した観察ガイドブックです。

生物情報や生態解説に加え、哺乳動物の見わけ方や動物たちが残したフィールドサイン、野外観察のポイントなどを詳しく解説しています。
最新の情報を盛り込み、資料性の高い内容にしています。

動物の探し方や計測方法、観察の心得なども紹介しているので、実際のフィールドでも役立つ一冊です。

著者紹介

山口 喜盛

1959年生まれ。神奈川県立生命の星・地球博物館外来研究員、環境省自然公園指導員、神奈川県野生鳥獣保護観察指導員、日本哺乳類学会会員、日本鳥学会会員。丹沢大山国定公園のビジターセンターでは、館長、学芸員として勤務。おもな著書に、『自然ウオッチングのコツ』メイツ出版、『丹沢の自然図鑑』メイツ出版、『神奈川の自然図鑑 哺乳類(分担執筆)』有隣堂、『丹沢自然ハンドブック(分担執筆)』自由国民社などがある。

商品名 フィールドで出会う哺乳動物観察ガイド

商品名(カナ) フィールドデデアウホニュウドウブツカンサツガイド

著者 山口喜盛

判型 A5

ページ数 208

お詫びと訂正

関連情報