ニュートリノってナンダ?-やさしく知る素粒子・ニュートリノ・重力波

著者: 荒舩良孝

定価(税込)1,320円

発売日2017年12月07日

ISBN978-4-416-71751-6

内容

2015年のノーベル物理学賞となった梶田隆章博士の発見「ニュートリノ振動」。
ニュートリノの存在を提案した本人さえ、発見できるとは思っていなかった素粒子・ニュートリノって何なのか?
難しく語られがちな素粒子物理の世界を、人気の科学ライターがとことんわかりやすく紹介。

カミオカンデとスーパーカミオカンデの観測からわかったこと、なぜノーベル賞となったのか、ニュートリノ研究からわかる新しい宇宙像までを解説。
さらに、2017年にノーベル物理学賞となった「重力波の直接観測」についても詳しく紹介しました。
重力波とは何か?
発見までの過程、梶田博士が主導する、日本の重力波観測施設KAGRAや研究の最前線を紹介。
ニュートリノ研究の成果に、重力波の直接観測が加わり、「マルチメッセンジャー天文学」の幕が開けようとしています。

研究の最前線から、明らかにされつつある最新の宇宙像について、中学生から大人まで、楽しみながら知ることができる本です。

(本書は2015年刊行の『ニュートリノってナンダ?』の改訂新版です)。

著者紹介

荒舩 良孝(アラフネ ヨシタカ)

1973年生まれ。科学ライター。東京理科大学在学中より科学ライター活動を始める。「科学をわかりやすく伝える」をテーマに宇宙論をはじめ、幅広い分野で取材・執筆活動を行う。『5つの謎からわかる宇宙』(平凡社)など著書多数。

商品名 ニュートリノってナンダ?-やさしく知る素粒子・ニュートリノ・重力波

商品名(カナ) ニュートリノッテナンダ ヤサシクシルソリュウシ ニュートリノ ジュウリョクハ

著者 荒舩良孝

判型 46

ページ数 136

お詫びと訂正

関連情報