Facebookでシェア xでシェア Lineに送る メールで送る

近刊

チョウごよみ365日

昆虫研究者が追いかけた四季折々の姿と営み

著者: 工藤 誠也

定価(税込)2,640円

発売日2024年03月12日

ISBN978-4-416-62353-4

四季折々のフィールドで出会ったチョウを美しい写真と臨場感のある文章で紹介。

内容

 寝ても覚めてもチョウに夢虫(夢中) 可憐な飛翔を追い求めて今日もフィールドへ

 

 花から花へと美しく舞うチョウは、私たちにとって身近な昆虫です。かつて、虫とり網で捕まえたり、羽化の様子に魅了されたりした人も少なくないでしょう。しかしながら現在、日本に土着している約240種のうち72種が環境省発表のレッドリストに記載。近年では、環境教育の観点から学校や家庭に「バタフライガーデン」を取り入れることで、昆虫と植物の共生関係を学ぶ機会も増えています。

 

 キャベツ畑やシロツメクサなど、春夏を想起させるチョウですが、季節の移り変わりとともに翅の色や模様を変化させる仲間もいます。例えばサカハチチョウは、春型では鮮やかなオレンジ色が目立ちますが、夏型では黒を基調としたシックな色合いになるなど、異なる種であるようにも感じられます。また、寒冷になるほど青が深くなるヤマトシジミのような種もいれば、キタテハのように成虫のまま越冬する種もいます。そうした姿は、実際にフィールドへ出向かないと目にすることはありません。

 

 本書では、昆虫写真家であり研究者でもある著者が、四季折々のフィールドで出会ったチョウを美しい写真と臨場感のある文章で紹介しています。同定に特化した図鑑こそ多く出版されていますが、この本ではフィールドで暮らすチョウをひたすら撮り歩く著者ならではの視点を日めくり感覚で楽しむことができます。主な舞台は青森県、長い冬には常夏の国へ飛びます。4月はじまり。

著者紹介

工藤 誠也(クドウ セイヤ)

1988年青森県弘前市生まれ。岩手大学大学院連合農学研究科博士課程修了。弘前大学農学生命科学部研究機関研究員。現在では研究活動のかたわら、青森県を主なフィールドとして昆虫の撮影を行っている。著書に『美しい日本の蝶図鑑』(ナツメ社)、『学研の図鑑Live 昆虫 新版』(共著、学研プラス)、『アリの巣の生きもの図鑑』(共著、東海大学出版会)、『超拡大で虫と植物と鉱物を撮る』(共著、文一総合出版)、『別冊太陽 昆虫のすごい世界』(共著、平凡社)、『別冊太陽 昆虫のとんでもない世界』(共著、平凡社)などがある。

商品名 チョウごよみ365日

商品名(カナ) チョウゴヨミサンビャクロクジュウゴニチ

著者名 工藤 誠也

判型 四六

ページ数 384

お詫びと訂正

Facebookでシェア xでシェア Lineに送る メールで送る

関連情報