最新号

イラストノート Premium

描く人のためのメイキングマガジン

編集: イラストノート編集部

定価(税込)2,200円

発売日2021年01月26日

特集:「寺田克也、ココ500日。」

内容

特集:「寺田克也、ココ500日。」

 

寺田克也は、ジャンルの枠を、さらには国境を、「描く」ことで軽々と越えていく。
プロが心酔するプロ、寺田克也が、その仕事の流儀を惜しげもなく公開する独自企画が実現!

 

2019年初頭から2020年の冬まで、完全密着。
最新作をふんだんに紹介するほか、ギャラリストへのインタビューを含め、内と外の両側から寺田克也のクリエイションと思考に迫ってみました。

 

■概要
●寺田克也、描く
最新作を中心としたアートワーク

 

●寺田克也、魅せる — ココ500日の全個展を追跡!—
500 日の間に行われた全個展を紹介。
展示風景と展示作品の画像を交えながら。
各ギャラリーオーナーへのショートインタビューを敢行。

 

・2019年3月–4月
トランスポップギャラリー @京都
異色の「寺田爺」

 

・2019年4月–5月
ヴォイド @東京・阿佐ヶ谷
圧倒的100作品超「ラクガキング東京」

 

・2019年12月–2020年1月
GR2 ギャラリー @ロサンゼルス
日本とアメリカ、アートとマンガ、幾多の境界を越える「Dragon Girl」

 

・2020年2月
モグラグギャラリー @東京・御徒町
マクロ×ミクロの交錯世界「ハカリウリ 寺田克也線画」

 

・2020年5月–6月/9月
ギャラリーハウスMAYA @オンライン/東京・青山
電と生とで何ができるか?「えんぴつ2 – モンスターと少年」

 

・2020年11月–12月
スペースカイマン @東京・日本橋
今できるカタチを模索して「テラカツショー at カイマン」

 

●寺田克也、答える — 学生たちとの Q&A —
桑沢デザイン研究所での授業を誌上で再現。
学生たちからのピュアな質問に対する、寺田先生の答えとは。

 

・寺田克也の500日年表
ココ500日を振り返り、次の 500日を考える、ロングインタビュー。

 

●寺田克也、語る — 独占ロングインタビュー —
ココ500日の活動と思考を見つめる

雑誌紹介

イラストレーターを志す人たちのための専門誌。最前線で活躍しているクリエイターの発想の原点を、彼らの仕事への姿勢やワークフローから学び取るというコンセプトのもと、クリエイターを志す人たちに役立つ誌面づくりを目指しています。
-「Interview」(人となりのご紹介)- 「Works」(作品紹介)-「Making」(作品ができるまでのプロセス紹介)
これらの観点から、クリエイターがどのような現場で創作し、どのような思考過程とプロセスを経て作品を完成させているか、わかりやすい解説と豊富なビジュアルで紹介しています。

商品名イラストノート Premium

商品名(カナ)イラストノート プレミアム

編集イラストノート編集部

判型A4変(縦285mm×横220mm)

ページ数144

ISBN978-4-416-52183-0

特集:「寺田克也、ココ500日。」

●寺田克也、描く
線を辿り、色を見つめ、世界を知る 20 のアートワークス
ART WORKS

●寺田克也、魅せる ココ500日の全個展を追跡!
異色の「寺田爺」
exhibition 01 トランスポップギャラリー

圧倒的100作品超「ラクガキング東京」
exhibition 02 ヴォイド

日本とアメリカ、アートとマンガ、幾多の境界を越える「Dragon Girl」
exhibition 03 GR2 ギャラリー

マクロ×ミクロの交錯世界「ハカリウリ 寺田克也線画」
exhibition 04 モグラグギャラリー

電と生とで何ができるか?「えんぴつ2 – モンスターと少年」
exhibition 05 ギャラリーハウスMAYA

今できるカタチを模索して「テラカツショー at カイマン」
exhibition 06 スペースカイマン

●寺田克也、答える
桑沢デザイン研究所 ビジュアルデザイン専攻 白根ゆたんぽゼミ 特別授業
学生からの24 の質問

寺田克也、ココ500日の仕事

●寺田克也、語る
ココ500日の活動と思考を見つめる
独占ロングインタビュー

読者プレゼント

SPECIAL EDITION クリエイターズ・バリュー
イラストレーター29人の仕事

第21回「ノート展」大賞受賞 特集誌面
萩結