Magazine

天文・宇宙

最新号

天文ガイド 2020年10月号

編集: 天文ガイド編集部

定価(税込)979円

発売日2020年09月04日

特集は10月6日に地球に最接近する火星。2018年の大接近に次いで大きく見える火星の観察を紹介。 天文ガイド編集部 : 佐々木

内容

特集は10月6日に地球に最接近する火星。
今回の火星接近は、2018年7月の大接近とくらべて地球との距離は遠くなるものの、火星の見かけの大きさは2018年接近時の約95%と充分に大きな火星像を観察できます。
「準大接近」とも言われる今回の接近時は火星の表面模様を観測するチャンス。
特集では現在の火星表面の様子、今後の見どころを詳しく紹介します。
あわせて、惑星撮影テクニックの集中連載も特別編として火星の撮影テクニックを紹介します。

そのほか、7月に衝をむかえた木星と土星の様子と今後の注目ポイント、1等級に増光し、雄姿を見せたNEOWISE彗星の7月中旬からの経過を詳しく紹介。
ペルセウス座流星群の速報もレポートします。

 

ここだけの話

流れ星のニュースが多い気がするのはなぜ?

少し前になりますが、7月2日に大きな流れ星(火球と呼ばれます)が見られ、千葉県習志野市で流星由来と考えられる隕石が見つかったニュースを覚えているでしょうか?(天文ガイド9月号でも詳しく紹介しました)

 

その後、8月21日にも関東上空で大きな火球が見られ、映像でも記録されました。この火球も房総半島南部に隕石が落ちた可能性が指摘されています。

 

 

この夏は大きな流れ星「火球」のニュースが続きましたが、近年、こうした「明るい流れ星が見られた」というニュースとその映像が流れる機会が増えました。これは、明るい火球の出現が急に増えたわけではなく、そうした現象をとらえる機会が増えたことが要因です。

 

 

火球の映像がとらえられる機会が増えた要因の一つが、ドライブレコーダーを搭載する車が増えたこと。

 

基本的にドライブレコーダーは運転中ずっと録画されているために、突如出現した火球も映像で記録されていることが多くなったのです。

 

つまり、これまで、肉眼では見えたけど映像で撮られることがなかった火球や、上空を流れたけど、肉眼で見た人が少なかった火球も、映像では記録されていたり、といったことが増えたのです。こうした映像が、火球の出現からすぐに、ツイッターなどのSNSやYouTubeに映像がアップされ、多くの人が見る機会が増えました。

 

 

火球は、一瞬の現象ですが、まばゆい光を放ちながら夜空を流れる様子は迫力があります。「流れ星」「火球」で検索すれば、さまざまな映像が見つかるので、ぜひ見てみてください(もちろん、運よく自分の目で夜空を流れる火球を見られたら最高ですが)。

雑誌紹介

1965年創刊。星空と宇宙に関心がある人のための月刊誌。話題の星空イベントの楽しみ方から、注目の宇宙の話題までをわかりやすく紹介します。星空観察の仕方、最新の宇宙探査の解説記事、星空風景写真を初めて撮る人のための撮影方法紹介、天体望遠鏡の使い方、注目の天文グッズ紹介、ディープな天体写真撮影テクニックなど、ビギナーからベテランまで楽しめる幅広い内容です。記事と連動した星空動画は天文ガイドYouTubeチャンネルに毎月アップ。電子版でも購読いただけます。

商品名天文ガイド 2020年10月号

商品名(カナ)テンモンガイド 2020ネン10ガツゴウ

編集天文ガイド編集部

判型B5

【特集】
火星の表面模様観測の好期
10月6日,火星最接近/安達 誠

最近の木星と土星/堀川邦昭

集中連載「月・惑星」高画質画像撮影法3 山崎明宏

NEOWISE彗星の経過/中野主一

【TOPICS】
ペルセウス座流星群速報/長田和弘
月のある絶景/榎本 司
快適モザイク星野写真2/西條善弘
惑星写真撮影講座開催
「はやぶさ2」カプセル帰還/荒舩良孝
天文ガイド購読キャンペーンのお知らせ

【THE SKY】
10月の星空と天体観測/藤井 旭

【NEWS&EVENT】
ASTRO NEWS/石崎昌春,塚田 健,内藤誠一郎
TG情報局(新製品情報ほか)
ASTRO SPOTS+全国天文イベント情報

【天体写真】
読者の天体写真 観測ガイド
入選者の声(最優秀賞受賞者手記)

【連載】
星雲・星団案内/津村光則
天文学コンサイス/半田利弘
星雲・星団撮影入門/中西アキオ
T.G.Factory/西條善弘
読者Space!
マサが行く!
柳家小ゑんのエントロピーガイア!/柳家小ゑん
今日からロケッティア!/足立昌孝
宇宙天気/篠原 学
星のある場所/森 雅之

【観測ガイド】
天文データ/相馬 充
流星ガイド/長田和弘
星食ガイド/広瀬敏夫
変光星ガイド/大島誠人
変光星の近況/広沢憲治
太陽黒点近況/時政典孝
小惑星ガイド/渡辺和郎
人工天体ガイド/橋本就安
惑星の近況/堀川邦昭、安達 誠
彗星ガイド/中野主一

Magazine

天文・宇宙