水曜日のアニメが待ち遠しい

フランス人から見た日本サブカルチャーの魅力を解き明かす

著者: トリスタン・ブルネ

定価(税込)1,650円

発売日2015年08月03日

ISBN978-4-416-31508-8

内容

日本のアニメやマンガがフランスで大きな支持を得ているといわれています。
実際、フランスで行われている「ジャパン・エキスポ」の来場者数は右肩あがりで、20万人を越す集客を誇るイベントに成長。
しかし、どうしてフランスで日本のアニメやマンガが受け入れられるにいたったのでしょうか?

 

本書では、フランスにおける日本のアニメ・マンガ文化の輸入史を黎明期から振り返るとともに、人気となった理由をわかりやすく分析。
フランスにおける日本アニメの放映が本格的にスタートした1970年代に幼少期を過ごした当事者だからこそ知るエピソードや実体験も豊富に交え、「クールジャパン」の正体に切り込みます。

著者紹介

トリスタン・ブルネ

1976年フランス生まれ。ジュネーヴ大学大学院博士後期課程在籍。日本史学研究。翻訳家。日本のアニメ、マンガなどに造詣が深く、フランス語版『北斗の拳』をはじめマンガの翻訳に携わる。2004年に初来日。以後、留学経験を経て、現在は、日本の大学や語学学校で、フランス語、フランス思想の講師もつとめている。

商品名 水曜日のアニメが待ち遠しい

商品名(カナ) スイヨウビノアニメガマチドオシイ

著者 トリスタン・ブルネ

判型 四六

ページ数 240

お詫びと訂正

関連情報