マンガでわかる「日本絵画」の見かた

美術展がもっと愉しくなる!

著者: 矢島新(監修)

定価(税込)1,760円

発売日2017年04月03日

ISBN978-4-416-51723-9

内容

本物をそのまま本物そっくりに描くだけでなく、何かしたくなっちゃう、目に見えないものをつい描きたくなっちゃう。
そんな日本人が生み出してきた、ミーハー、繊細優美、ダイナミック、豪華絢爛、自意識過剰、ゆるふわ……な名画の数々。
本書では、その特徴と魅力を初心者にもわかりやすく、マンガで紹介しています。
美術展の前に、後に、もっと作品を楽しむためのツボが満載です。

著者紹介

矢島 新(ヤジマ アラタ)

1960年生まれ。跡見学園女子大学教授。渋谷区立松涛美術館学芸員を経て現職。専門は日本宗教絵画史最近は「素朴」や「かわいい」の視点で日本美術を考察し、注目されている。著書に『かわいい禅画: 白隠と仙厓』2016年/東京美術、『日本の素朴絵』2012年/パイインターナショナル、共著に『日本美術の発見者たち』2003年/東京大学出版会 など

商品名 マンガでわかる「日本絵画」の見かた

商品名(カナ) マンガデワカルニホンカイガノミカタ

判型 A5

ページ数 224

お詫びと訂正

関連情報