牧野伊三夫イラストレーションの仕事と体験記 1987-2019

椰子の木とウィスキー、郷愁

著者: 牧野伊三夫

定価(税込)14,300円

発売日2019年12月18日

ISBN978-4-416-71840-7

1000点以上の絵とエッセイを収録した初の作品集。

内容

書籍挿画や雑誌挿絵、広告など、多岐にわたり活躍する画家・牧野伊三夫の30年以上にわたる仕事をまとめた、初となるイラストレーション作品集。

 

「イラストレーション=複製を前提として描く絵」と定義し、書籍や雑誌等の出版物や広告物をはじめ、自費出版や、自身でデザインも手掛けるちらしや葉書など、数万点もの作品のなかから約1000点に絞って掲載します。

 

近年では画業に留まらず、執筆においても多数の連載や自著も持ち、酒や食などの嗜好を通しての交友関係も広い牧野。

 

本書では、各仕事を通してかかわってきたデザイナーや編集者などの関係者とのエピソードをまとめたエッセイも約20篇収録しました。
グラフィック・デザイナーとしてキャリアをスタートさせた著者ならではの、各仕事に応じた様々なイラストレーションの思考やアプローチがわかる内容となっています。

 

イラストレーターを目指す人はもちろん、デザイナーや編集者といった、出版関係者にも必読の書であるとともに著者らしい、肩ひじを張らない、絵の楽しみを教えてくれる一冊です。

著者紹介

牧野 伊三夫(マキノ イサオ)

画家。1964年、福岡県北九州市生まれ。多摩美術大学グラフィック・デザイン科卒業後、広告制作会社サン・アドにグラフィックデザイナーとして入社。1992年に退社し、画業を開始する。以降、現在まで30年以上にわたり、書籍挿画や雑誌の挿絵、広告などで活躍。HBギャラリー、月光荘画材店等での個展多数。2012、13、17年東京ADC賞受賞。1999年、美術同人誌「四月と十月」を創刊。故郷である北九州市情報誌「雲のうえ」、飛騨産業広報誌「飛騨」の編集委員。近著に『かぼちゃを塩で煮る』(幻冬舎)、『画家のむだ歩き』(中央公論新社)、『僕は、太陽をのむ』(港の人)など。酒好き、風呂好き、料理好き。

商品名 牧野伊三夫イラストレーションの仕事と体験記 1987-2019

商品名(カナ) マキノイサオイラストレーションノシゴトトタイケンキ センキュウヒャクハチジュウナナーニセンジュウキュウ

著者 牧野伊三夫

判型 B5

ページ数 896

画集について(序にかえて)
サン・アドの頃
自費出版のこと
四月と十月文庫
椰子の木 山下マヌーさんとの仕事
長崎 伊藤敬生さんとの仕事
サントリー「ウイスキーヴォイス」の時代
酒場の取材
有山達也君と「雲のうえ」
富田光浩君と「飛驒」
桐野夏生さんとの仕事
石田千さんのこと
岡崎武志さんとの仕事
鈴木るみこさんとの仕事
雑誌の絵
新聞のこと
単行本の装画
絵本のこと
井上庸子さんのこと
広告の絵
自家製案内状のことなど
「福正宗 酒歳時記」のこと

 

※寄稿
忍耐と誠実を教わった(赤井茂樹)
ビーサンと正しい道(有山達也)
ほんとうの声(石田千)
灯火の人(唐仁原教久)
木と土の匂いがする人(富田光浩)

お詫びと訂正

関連情報