新刊

VISUALIZE 60

編集: 日本デザインセンター

定価(税込)3,080円

発売日2021年01月08日

ISBN978-4-416-62027-4

日本デザインセンターの近年の仕事をビジュアル化し、そのロジックを視覚的に伝える。

内容

コンセプトは「ヴィジュアルで語る」。

 

「VISUALIZE」(ヴィジュアライズ)は、「イラスト、ダイヤグラム」を主軸に置き、日本デザインセンターの新しいメディア戦略メソッドを伝えます。
イノベーションの連鎖により、 ここ10年、デザインやクリエイションに求められる役割が変わってきました。
ブランドイメージや製品の魅力を理想的に表現するのみならず、 モノやコトに潜在する価値や、産み出されるサービスの本質、 新しい産業やそこに潜んでいる可能性を見極め分かりやすく可視化する力が求められています。

 

日本デザインセンターはこれを 「VISUALIZE(ヴィジュアライズ)」という言葉に集約しました。
人工知能はどんなサービスやシステムを世の中に提供するのか、そこにどのような幸福や喜びが生み出されるのか、 あるいは、 伝統や文化によって蓄えられてきた技や美意識がいかなる価値を持つ資源として、 未来に開花していくのか。
企業やブランドが新たな商品やサービスを構想し、 それによってもたらされる豊かさや心地よさを訴求していく局面で、「VISUALIZE」は不可欠であり、専門家の担う役割も重要なのです。

 

デザインやクリエイションの守備範囲も、 環境、 空間、 ウェブサイト、 映像、編集、 プロダクト、UX、インタラクションなど多様な領域を横断、融合して広がりはじめています。
「VISUALIZE 」は、現在、新たな領域全てを視野に入れつつ進行している現在の仕事や、構想中のプロジェクトを通して、未来を見通し、日本デザインセンターのメソッドを共有できる1冊です。

著者紹介

日本デザインセンター(ニッポンデザインセンター)

1959年設立。日本を代表する広告デザイン会社。
トヨタ、アサヒビール、良品生活など数多の大手企業のブランディング、広告などの仕事を請け負う。
アートディレクター原研哉の原デザイン研究所を社内ベンチャーとして運営されており、提案型のデザインワークをこなしている。

商品名 VISUALIZE 60

商品名(カナ) ヴィジュアライズ シックスティ

編集 日本デザインセンター

判型 四六

ページ数 464

Osaka Metro
ピエール・エルメ・パリ「イスパハン」
女子美術大学・短期大学部 Webサイト
無印良品 企業広告「気持ちいいのはなぜだろう。」
瀬戸内国際芸術祭
TAKEO PAPER SHOW「SUBTLE」
naturaglacé
新しい国語
HOUSE VISION
東京ビッグサイト
堂島酒醸造所
LINNÉ LENS
無印良品「陽の家」
じゃがいも焼酎「北海道 清里」
リキテックス「ガッシュ・アクリリック プラス」
三越伊勢丹「MAKE it HAPPY! 2017 CHRISTMAS」
低空飛行
半島のじかん
天理駅前広場 CoFuFun
MOUNTONE
犬のための建築
Toyota Image Creator
市原湖畔美術館
展覧会「新・先史時代―100の動詞」
mtm labo
色部義昭 WALL
311 SCALE
蔦屋書店
展覧会「続々 三澤遥」
Goertek
UENO PLANET
永井一正 LIFE
EXPERIENCE JAPAN PICTOGRAM
TAKAO 599 MUSEUM
TokyoYard PROJECT
国立公園
TVアニメ「アルドノア・ゼロ」
ASAHI SUPER DRY グローバルブランディング
大柵欄
LIXIL 公衆衛生陶器
waterscape
無印良品 企業広告「自然、当然、無印。」
JAPAN HOUSE
DESIGNING DESIGN
The Art of Bloom
武蔵野美術大学
CYQL PROJECT
LEXUS クリエイティブワーク
日本遺産 人吉球磨
興福寺中金堂落慶法要散華「まわり花」
歌麿 The Beauty
須賀川市民交流センター tette
白鶴 天空
MUJI HOTEL
KITTE
アバンティ「PRISTINE」
みんなの森 ぎふメディアコスモス
無印良品「住む。」雑誌広告
TENKU
stone

DESIGNは、VISUALIZEへ 原研哉×色部義昭×大黒大悟×三澤遥
AFTER VISUALIZE 60 色部義昭
CREDIT

お詫びと訂正

関連情報