近刊

ゲームを改造しながら学ぶ Scratchプログラミングドリル

プロのゲームクリエイターが伝授! 考えて遊んで面白くするゲーム作りの思考法

著者: アソビズム

定価(税込)2,970円

発売日2020年07月13日

ISBN978-4-416-52095-6

ゲームを面白く改造しながら学んでいく、新感覚のScratchプログラミングドリル。

内容

ゲームのプログラムを《ハッキング》して面白くする!? 新感覚のプログラミング学習本が登場!!

 

『城とドラゴン』『ドラゴンポーカー』『ガンビット』などの大人気スマホゲームを生み出したアソビズムの現役ゲームクリエイターが、本気でScratchのゲームプログラミングドリルを作りました!
シューティング、アクション、格闘、釣り、レース、RPGなど全10本の本格的なゲームが作れます。

 

本書ではプロのゲームクリエイターが、ゲームの「プロトタイプ(ひな型)」を用意しています。
ところが、そのままプレイしても正しく動かなかったり、いまいち面白くなかったりします。
あなたはゲームクリエイターになりきってプログラムを「ハッキング(改造)」。
まずは、正しく動くようにプログラミングをしてゲームを仕上げましょう。
ここからは、ゲームで遊びながらもっと楽しく、さらに遊びやすく改造して、オリジナルゲームを完成させます。
あなたの工夫が満載の本格的なゲーム作りにチャレンジできるのが、この本の最大の魅力です!

 

また、本編と並行して、コーサク、ミク、モニタという魅力的なキャラクターたちがゲーム作りに挑戦する漫画が展開されていて、読者は3人の成長を追体験しながら、プログラミングを学んでいくことができるようになっています。

 

【保護者や指導者の方へ】
本書は、アソビズムが展開する未来工作ゼミが考案した「プロトタイプハッキング方式」というプログラミング教育メソッドに基づいて構成されています。
他の人が作ったプログラムをハッキングするためには、コードの内容をよく理解する必要があります。
ただし、いきなりコードの仕組みを学ぼうとする必要はありません。
子どもたちは試しにパラメーターをいじってみたり、順番を変えてみたり、削除してみたり、新しく追加してみたり……ゲームで遊びながらトライ&エラーを繰り返していくうちに、プログラム内容への理解が深まっていきます。
「ゲームをもっと面白くしたい!」という目的をもって、プログラミングに取り組むことが大切です。
本書が用意したゲームのプロトタイプは、ゲームに遊び慣れている子どもたちにも、「遊んでみたい!」「改造してみたい!」と思ってもらえるように作っています。
ゲームを面白くするにはどうするか考え抜き、工夫していく中で、自然と創造力や論理的思考力を身につけることができます。
子どもたちが大好きな面白いゲームのプログラムには、プロのゲームクリエイターたちのひらめきや仕掛けがたくさん詰まっています。
本の中では、どうすれば面白くなるか考えるためのヒントをたくさん紹介しています。
遊びながら試行錯誤して、楽しくプログラミング学習に取り組むことができます。

著者紹介

アソビズム

株式会社アソビズム。スマホゲーム『城とドラゴン』、『ドラゴンポーカー』、『ガンビット』などのヒット作を生み出すゲーム開発会社。
『面白くなるまで出さない』をモットーに、面白いゲーム作りを追求し続けている。
また、長野に「未来工作ゼミ」を立ち上げ、ゲームプログラミングやものづくりを通して、これからの時代を生きる上で重要とされるICTの教育や、子どもたちの探求力、創造性などの才能を発掘し、楽しく学び育てるためのワークショップを展開する。

ここだけの話

遊びながらプログラミングを学ぶ「プロトタイプハッキング」で創造力を伸ばそう!

 ここでは、この本を読むお子さんがいる保護者の方や、学校の先生がたに向けたお話をしたいと思います。

 

 

 『ゲームを改造しながら学ぶ Scratchプログラミングドリル』は、「プロトタイプハッキング」という、未完成のゲームデータを改造することでプログラミングを学ぶ方法を使っています。

 ここで、ゲームづくりは遊びであって、ちゃんとプログラミングを学習することができるのか、と疑問に思われる方もいるかもしれません。

 

 

 著者のアソビズムはゲーム開発会社ですが、教育事業「未来工作ゼミ」の一環として、2014年よりプログラミングのワークショップを行っています。主催するラボだけでなく、学校や科学館、学習塾などでの出張ワークショップといった活動をしています。

 

 そんな未来工作ゼミでも、最初はテキスト通りにプログラムを組むという方法で教えていました。しかし、その方法では子供たちが自ら工夫したり、発想して新しいものを創造することにつながらないと感じたとのこと。

 

そこで、未来工作ゼミの講師たちが話し合い、ワークショップのたびに新しい方法にチャレンジすることでたどり着いたのが「プロトタイプハッキング」という方法です。

 

 

 まだ未完成のプロトタイプゲームですが、指示に従い足りないプログラムを追加すれば、とりあえず遊ぶことはできます。しかし、そこからが本番です。

 

 

 本書に掲載されているゲームは、えて難易度が難しく調整されているので、ゲームをクリアーするためにはプログラムの改造が必要となります。ヒントを元に、パズルゲームを解くような感覚で取り組んでいくことで、いつの間にかプログラミングのスキルや、論理的にしくみを考える力(プログラミング的思考力)が身についていきます。

 

 クリアーするための改造方法にも答えはありません。同じゲームのプロトタイプを改造しても、クリアーまでのやり方はそれぞれ少しずつ違っているかもしれません。さらに、プログラミングのスキルやテクニックを学ぶだけでなく、その先にある自分のアイディアを形にしたり、新しいものをつくり出す創造力を養うことを目指しているのが、この学習方法の最大の特徴です。

 

 

 お子さんが遊んでいるように見えても、実はビックリするような作品をつくっているかもしれません。

書名 ゲームを改造しながら学ぶ Scratchプログラミングドリル

書名(カナ) ゲームヲカイゾウシナガラマナブ スクラッチプログラミングドリル

著者 アソビズム

判型 B5

ページ数 288

Chapter 0 Scratchの基礎知識

Chapter 1 ゲームを作ろう!―初級編―
「森の射撃訓練」(シューティングゲーム)
「月面OMOCHI探査隊」(アクションゲーム)
「爆撃ハンター」(シューティングゲーム)

Chapter 2 ゲームを作ろう!―中級編―
「イッキウチコロシアム」(格闘ゲーム)
「密林フィッシング」(釣りゲーム)
「忍者の居合」(タイミングゲーム)

Chapter 3 ゲームを作ろう!―上級編―
「激走戦闘員トレーニング」(障害物レースゲーム)
「スノボレーシング」(レースゲーム)
「浮島クエスト」(ロールプレイングゲーム)

Chapter 4 ゲームクリエイターからの挑戦状
「クラッシュナイト」(アクションゲーム)

Chapter 5 自分のゲームを作ってみよう!

お詫びと訂正

関連情報