Book

料理

ハーブ&スパイス事典

世界で使われる256種

監修: 伊藤 進吾 / 監修: シャンカール ノグチ

定価(税込)1,760円

発売日2013年12月13日

ISBN978-4-416-61364-1

内容

世界に流通している主だったハーブとスパイスをこの1冊で調べることのできる本です。

流通しているドライのものだけでなく、植物ごとに生態写真と詳しい解説を掲載しています。

ハーブとスパイスは、古来から民間療法に用いられた薬草なので、西洋のハーブ、インドのアーユルベーダ、そして漢方和漢に云われている効果効能、そして注意事項なども明記しています。

そして、身近な種類を使った暮らしの中での利用法や料理も盛り込んでいます。

著者紹介

伊藤 進吾

株式会社トリトン取締役社長 ハーバルセラピスト
1964年東京生まれ。
花や緑、ハーブ、アロマなど植物の癒しをテーマにし、ハーブを活用した様々な活動に展開している。

シャンカール・ノグチ

1973年、東京生まれ。
貿易商。アメリカ留学後、インド・パンジャブ地方出身の祖父L.R.ミグラニが立ち上げたインドアメリカン貿易商会の3代目として、インド国内の市場を巡りつつインド食品の輸入、開発と販売を手がける。世界中に弟子を持つドクターパルタップにアーユルヴェーダを基礎から学び、帰国後も市場で仕入れた新鮮な食材を使い、野外や湯治棟キッチンでスパイス料理を実践中。近年では、ガラムマサラの調合や初代から40年輸入が続くアルフォンソマンゴーの商品開発などを行っている。

商品名 ハーブ&スパイス事典

商品名(カナ) ハーブアンドスパイスジテン

監修 伊藤 進吾

監修 シャンカール・ノグチ

判型 B5変(縦235mm×横182mm)

ページ数 192

お詫びと訂正

Book

料理

関連情報