Book

料理

信州おばあちゃんのおいしいお茶うけ

漬け物から干し菓子まで、信州全土の保存食110品

著者: 大平 一枝

定価(税込)1,650円

発売日2014年07月09日

ISBN978-4-416-61433-4

内容

「長寿」「高齢者医療費が少ない」「野菜の摂取量」で全国一位になった長野。長寿、健康の秘訣は10時と15時の”おやつ”にあり、地元では“お茶うけ”といって、古くから受け継がれている郷土文化です。
野菜や果物の漬物や砂糖煮といった保存食を中心に、煮物や炒め物、おやきやケーキなど、各家ごとに料理はさまざま。それらを番茶とともにいただき、家族や近所の人たちとのふれあう時間を大切にしています。
本書では、古くからそうした文化を大切にしてきたおばあちゃんの直伝のレシピを教わるとともに、そうした家々のお茶うけが生まれるエピソードをエッセイで紹介。
信州の豊かな食材を無駄なく保存するための先人の知恵や人のもてなし方は、現代の家庭でも取り入れたいもの。郷土料理に興味がある人へ、また、食、暮らしを見直したい人へのきっかけになる、豊かな生活が感じられる1冊です。

著者紹介

大平 一枝(オオダイラ カズエ)

ルポライター。長野県生まれ。女性誌、インテリア誌、新聞を中心に、ライフスタイルやインテリア、人物ルポなどの執筆を手がける。主な著書に『ジャンク・スタイル』(平凡社)、『かみさま』(ポプラ社)、『もう、ビニール傘は買わない。』(平凡社)、『昭和ことば辞典』(ポプラ社)など多数。

商品名 信州おばあちゃんのおいしいお茶うけ

商品名(カナ) シンシュウオバアチャンノオイシイオチャウケ

著者 大平 一枝

判型 A5変(縦210mm×横140mm)

ページ数 160

お詫びと訂正

Book

料理

関連情報