アヌ&アヌの動物ニット

エストニアの伝統柄から生まれた編みぐるみとパペット

著者: アヌー・ラウド / 著者: アヌー・コトゥリ / 監修: 林ことみ

定価(税込)1,650円

発売日2016年11月04日

ISBN978-4-416-61684-0

内容

クラフトの宝庫といわれる「エストニア」。
そのエストニアで活躍するアヌ・ラウド、アヌ・コトリ、
二人が作った動物ニット(編みぐるみやパペット)の作り方を紹介します。

動物たちは、羊、ウサギ、オオカミ、クマ、キツネ、ブタ、猫、犬…など計32種類。
動物達のボディには、エストニア伝統の編み込み柄。

本書を監修している林ことみさん自ら、二人のアヌが住むエストニアに赴き、
それぞれの作品の魅力や思い、作る時のアドバイスを教えてもらいました。

パペットと編みぐるみ、それぞれが出来上がるまでの写真や、伝統柄の実際の編み地パターンも掲載しています。

著者紹介

アヌー・ラウド

1943年生モスクワ生まれ。エストニアを代表するタペストリー作家にしてエストニアの伝統手仕事の研究家、教育者として有名。作家で詩人の父とサリンジャーやマークトゥエインの翻訳をした母を持ち、タリンのアートアカデミーで学ぶ。エストニア独立後はタリンから祖父の故郷であるヴィリャンディに居を移し、ファームとミュージアムを開き、創作とワークショップを中心とした暮しをしている。

アヌー・コトゥリ

1943年タリン生まれの建築家。父も建築家で、タリンで5年毎に開かれるソングフェスティバルの会場となる歌の原の大ステージの設計者。アートアカデミーの建築科の学生時代にアヌー・ラウドと知り合い、ジャンルを超えた親しい友人関係が今も続いている。動物ニットの本KIRIKARIを制作する際にはかなりの数の作品を生み出している。編み物はあくまでの趣味ではあるが動物の形状の違いを編み上げるところは建築家ならではの発想といえる。

林 ことみ(ハヤシ コトミ)

子供の頃から刺繍やニットに親しみ、子供が生まれたことをきっかけに雑誌で子供服のデザインを発表。2000年からは北欧で開かれるニットシンポジウムに参加し、北欧のニットを紹介する本を出版。二人のアヌーとは2001年、ノルウェーでのシンポジウムで知り合い、その後何度もエストニアを尋ね、エストニアのニット本も出版する等親交を深めている。

商品名 アヌ&アヌの動物ニット

商品名(カナ) アヌ アンド アヌノドウブツニット

著者 アヌー・ラウド

著者 アヌー・コトゥリ

監修 林ことみ

判型 [ 縦 : 257mm ] [ 横 : 190mm ]

ページ数 128

お詫びと訂正

『アヌ&アヌの動物ニット』P.92-93「01 ウサギ」の編み図に誤りがありました。正しくは、以下の編み図になります。
読者の皆さま、ならびに関係各所の皆さまにご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げるとともに、ここに訂正いたします。

関連情報