秘伝書を読む 「作庭記」

寝殿造りの庭と文化

著者: 波多野 寛

定価(税込)2,420円

発売日2015年05月04日

ISBN978-4-416-91500-4

内容

日本庭園を研究する基本文献で「庭園のバイブル」とも呼ばれる『作庭記』の解説書。
難解とされる秘伝書を「古谷メソッド」という方法を使って言語学の視点から分析的に読み解いています。
注釈を多く入れ、わかりやすい文がついているため、古文の苦手な人にも気軽に読める一冊になっています。
難解な条文は、図版と写真を使って解説してありますので、古代の庭の造形を視覚的に捉えることができます。
従来の解説書には無い新たな知見が全編にわたり得られ、庭園愛好家には興味の尽きない必読の書と言えます。

著者紹介

波多野 寬(ハタノ ヒロシ)

1949年東京生まれ。1971年日本大学文理学部卒。四十路に近いある日、突然庭園美に目覚め「日本庭園研究会」に入会、独自の視点で庭園の研究を始める。現在は「日本庭園協会」に所属する。

商品名 秘伝書を読む 「作庭記」

商品名(カナ) ヒデンショヲヨム サクテイキ

著者 波多野 寛

判型 四六

ページ数 224

お詫びと訂正

関連情報