造園の手引き

造園学の知識から実務に必要な技術まで

著者: 京都府造園協同組合

定価(税込)3,300円

発売日2016年03月09日

ISBN978-4-416-71550-5

内容

本書は、庭づくり発祥の地ともいえる京都の現場で活躍する庭師や造園家たちによる丁寧な解説で、造園とは何かという定義から歴史などの造園概論、そして実際に庭を作る際に必要となってくる計画・設計・施工・管理と造園材料まで、実務に必要な情報を1冊に盛り込んでいます。

 

1 「造園学」:概論と歴史、庭造りの基本的手法など学校で教える教科書的な内容をもれなく解説 
2 「造園実務」:庭造りの現場で必要となってくる計画・設計・施工・管理・造園材料についても詳しく解説 
3 学校の教科書としても、社員教育の手引書としても使える充実した内容  

 

造園の専門家を目指して勉強している学生の教科書として、あるいは、造園関連会社の社員教育に活用できる手引書として、十二分に役立つ最新の情報を盛り込んだ1冊です。

著者紹介

京都府造園協同組合(キョウトフゾウエンキョウドウクミアイ)

技術・技能の講習会、造園技能検定講習会の開催、物資等の共同購入事業、また、職業訓練法人京都造園高等職業訓練校において職業訓練事業を実施。すぐれた京都の作庭技術をわが国の造園業界の発展に役立てるため、『京都の造園』(上下2巻揃)『小庭』『庭の細部手法集』など、図書出版事業も手掛けている。

商品名 造園の手引き

商品名(カナ) ゾウエンノテビキ

著者 京都府造園協同組合

判型 A5

ページ数 224

お詫びと訂正

関連情報