新刊

禅ごよみ365日

毎日に感謝したくなる

著者: 枡野俊明

定価(税込)1,980円

発売日2019年12月05日

ISBN978-4-416-71937-4

1年365日を禅語で表現した画期的な書。

内容

禅語とは、禅宗における厳しい修行に耐え、境地に到達した禅僧が発してきた言葉です。
禅語の一つひとつには意味があり、生きるヒントが託されています。
無駄なこと、余計なことを削ぎ落しシンプルに考え生きることが大切とされ、悲しみや苦しみをやわらげて、一歩を踏み出す勇気を与えてくれます。

 

本書では、禅についてのベストセラー著者でもある、建功寺の枡野俊明住職が、1年365日を禅語で表現します。
単純で簡単で深く、現代の生活に寄り添って何年も読み続けられる、特別な一冊です。

 

————————————————————————————————–
 本書では一年365日、どのように禅語を活かして暮らしていくか、その手がかりをまとめました。
人との出会いはもちろん、美しいものや新たな知識など、さまざまな出会いをとおして、心は豊かになり、幸せを感じるようになります。そんな出会いを禅では「縁」といいます。 
 本書を手にしてくださったことは、紹介している禅語と出会うこと、縁を結ぶことです。その縁は必ず、あなたに気づきを与え、幸せに導くことでしょう。
――枡野俊明
————————————————————————————————–

著者紹介

枡野 俊明(マスノ シュンミョウ)

曹洞宗徳雄山建功寺住職、多摩美術大学美術学部環境デザイン学科教授、庭園デザイナー。大学卒業後、大本山總持寺で修行。禅の思想と日本の伝統文化に根ざした「禅の庭」の創作活動を行い、国内外から高い評価を得る。芸術選奨文部大臣新人賞を庭園デザイナーとして初受賞。ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章を受章。また、2006年『ニューズウィーク』誌日本版にて「世界が尊敬する日本人100人」にも選出される。庭園デザイナーとしての主な作品に、カナダ大使館、セルリアンタワー東急ホテル日本庭園、ベルリン日本庭園など。主な著書に『禅、シンプル生活のすすめ』、『心配事の9割は起こらない』(いずれも三笠書房)など。

ここだけの話

うるう日(2月29日)はどの禅語にする??

1年365日を禅の言葉を通して過ごすことは、
果たして可能なのだろうか?
そんなことができたら、日々の暮らしが豊かになるはず。

 

こんなふとした疑問を、建功寺の枡野俊明住職にご相談したところ、ふたつ返事でOKをもらって始まったこの企画。

 

しかしスタートしたのはいいものの、
あまたある禅語を、1年365日に割り当てるのは至難の業で、
とくに、うるう日である2月29日をどの禅語にするのか、
という「うるう日」問題が勃発したのでした。

 

そこで特別にここで、
うるう日の禅語を大公開します。

 

■禅語
春有百花秋有月
読み方:はるにひゃっかありあきにつきあり

 

夏有涼風冬有雪
読み方:なつにりょうふうありふゆにゆきあり

 

若無閒事掛心頭
読み方:もしかんじのしんとうにかかることなくんば

 

便是人間好時節
読み方:すなわちこれじんかんのこうじせつ

 

■意味
四季はそれぞれ美しく、すばらしいものをもたらしてくれる。そのすばらしさを受けとめ、あれこれ思い煩うことがなければ、春夏秋冬、どれもがよい季節である。

 

■枡野住職による解説
雪景色の静けさ、涼す ずやかさには、格別な趣きがあります。それをそのまま「すばらしいなぁ」と受けとめたらいいのですが、ともすると、「寒くてかなわないや。

これじゃあ、外にも出られやしない」などと愚痴ったり、不平をいったりするのが人間です。自分を生きづらくしている要因のひとつがそれ。そのまま、そのまま……ですよ。

商品名 禅ごよみ365日

商品名(カナ) ゼンゴヨミサンビャクロクジュウゴニチ

著者 枡野俊明

判型 B6変形(縦160mm×横105mm)

ページ数 384

1月の禅語
2月の禅語
3月の禅語
4月の禅語
5月の禅語
6月の禅語
7月の禅語
8月の禅語
9月の禅語
10月の禅語
11月の禅語
12月の禅語

お詫びと訂正

関連情報