新刊

金田一耕助語辞典

名探偵にまつわる言葉をイラストと豆知識で頭をかきかき読み解く

著者: 木魚庵 / イラスト: YOUCHAN

定価(税込)1,760円

発売日2020年09月03日

ISBN978-4-416-52002-4

日本で最も有名な探偵のひとり、金田一耕助を紹介する洒脱なイラスト入り辞典。

内容

ぼさぼさ頭に下駄ばき、うだつのあがらない風采なのに実は名探偵、金田一耕助は、横溝正史の生みだした日本で最も有名な私立探偵です。

 

毎年のようにドラマや映画になる金田一をテーマに、原作小説はもとより、歴代の金田一俳優、当時の流行や時事用語まで、稀代の名探偵を徹底分析し、イラストたっぷりの辞典に仕上げました。

 

巻末付録:金田一耕助着せ替えパラパラ

著者紹介

木魚庵(モクギョアン)

1967年千葉県生まれ。金田一耕助勉強家を自称。1995年にWEBサイト『金田一耕助博物館』を開設。
西口明弘名義で『金田一耕助The Complete』『横溝正史研究』『金田一耕助映像読本』などに金田一耕助関連の記事を執筆。本書が初の著書となる。
また横溝作品ゆかりのゲストを招いたトークライブ『ずっと金田一さんの話だけしていたい!』を不定期に開催。

YOUCHAN(ユーチャン)

1968年愛知県生まれ。イラストレーター。
高校時代、教師に夢野久作を勧められ探偵小説にはまる。初横溝は「鬼火」。
主な著書に『現代作家ガイド6 カート・ヴォネガット』(共著/彩流社)、装画を手掛けた本に、草上仁『7分間SF』(早川書房)、大田洋子『屍の街』(小鳥遊書房)、『幻想と怪奇 傑作選』(新紀元社)など。

ここだけの話

載せたいことばはまだまだ山のように…

2019年某日――。

 

 

弊社ミーティング・スペースでは、みっしりと書き込みがされた紙を前に4人の人間が小声で密談中であった。

 

 

『金田一耕助語辞典』の見出し語の選定という、大きなミッションに取り組んでいたのである。

 

 

 

絶対載せたい項目、迷う項目、イラストを入れたい項目…。著者の木魚庵さんが準備してくれたリストを基に、イラストレーターのYOUCHANさんも編集スタッフも真剣です。イラストとのバランス他に似た項目が入っていないか、目配りをしながらパズルのように埋めていきます。

 

 

もちろん、この打ち合わせ自体が大切なものではあるのですが、こういうときに余談のように話される話題から皆のアイデアが膨らんで、コラムの構想が固まったり、巻頭をどのような作りにするか決まったりします。

 

時にはそれによって大きく舵を切りなおすこともありますが、著者が見晴るかすゴールに向けて、みんなで一生懸命オールを漕いでいきます。

 

木魚庵さんとYOUCHANさんという、頼もしくも愉快な著者ふたりとご一緒できて本当によかったです。

 

みんなで楽しんでつくったこの本が、たくさんの人に楽しんでもらえますように。

商品名 金田一耕助語辞典

商品名(カナ) キンダイチコウスケゴジテン

著者 木魚庵

イラスト YOUCHAN

判型 A5

ページ数 208

はじめに/この本の楽しみ方/ALL ABOUT 金田一耕助/金田一耕助を巡る人々/金田一耕助住居図解/戦慄!! 殺害カタログ/金田一耕助作品リスト

金田一耕助語「あ」~「わ」

映像作品一覧/おわりに

コラム
ポスターギャラリー1/『名作文学に見る「家」』/ポスターギャラリー2/挿画ギャラリー/各国版金田一耕助本1…欧米編/各国版金田一耕助本2…東アジア編/ノベルティになった金田一耕助/各国版金田一耕助本3…タイ編/横溝クラフト手芸部/金田一さんのもじゃもじゃ頭

●綴込み付録「パタパタ着せかえ 金田一さん

お詫びと訂正

関連情報