Book

趣味

最新版 オーディオ用オペアンプICデバイスのすべて

ハイレゾ時代のオペアンプICを、内部構成、アプリケーション、実測データと試聴で解説

著者: 河合 一

定価(税込)3,520円

発売日2020年07月09日

ISBN978-4-416-62029-8

オーディオ用オペアンプICの基礎知識と各種回路への応用の解説書。

内容

ハイレゾデジタルオーディオ時代の機器設計に必須の知識を、オペアンプICの解説を通じて得ることのできる書籍

    
ハイレゾ時代のオーディオにあって、ディスクリート回路を凌駕する性能を持つオペアンプICは、今やオーディオ機器に欠かせない存在です。
それがオーディオ機器の音質を大きく左右するため、自作ファンやメーカーのエンジニアは、その電気的特徴、音質的傾向を探っています。

 

本書はオーディオ機器のアナログ増幅、フィルター、I/V変換回路などに多用されるオペアンプICの構造と動作原理、アプリケーション例、特性の実測、音質的傾向を記して、オーディオ機器製作のヒントとなる情報を満載したものです。
オペアンプICの技術内容を知ることで、アンプなどを自作・改造する方、メーカーのエンジニアにも役立つ技術情報を収録した書籍です。

 

内容はMJ誌に95回連載した「オーディオ用ICの特徴と応用例」を発展させたものに、実際に測定したデータと試聴の新コンテンツを加え、20種程度のオペアンプICを紹介します。
完全自作のオーディオファンはもちろんのこと、ヘッドフォンアンプやD/AコンバーターのオペアンプICを交換して音質変化を楽しむ方にも楽しんでいただける内容です。

著者紹介

河合 一(カワイ ハジメ)

大手半導体メーカーでデジタルオーディオLSI開発に従事し、著名製品を担当した、日本有数のデジタルオーディオ・スペシャリスト。
現在はフリーでコンサルタントなどを行う一方、雑誌『MJ無線と実験』でデジタルオーディオ関連記事を執筆。
2011年に書籍『デジタルオーディオの基本と応用』、2018年に書籍『ハイレゾオーディオのすべて』上梓。

書名 最新版 オーディオ用オペアンプICデバイスのすべて

書名(カナ) サイシンバン オーディオヨウオペアンプアイシーデバイスノスベテ

著者 河合 一

判型 A5

ページ数 224

第1章 オペアンプICデバイス解説
1-1 オペアンプICの概要と基本動作
1-2 オーディオ用オペアンプICのスペック
1-3 オペアンプICのオーディオでのアプリケーション
1-4 各社代表的オペアンプICの概要と特徴
1-5 ADIのオペアンプIC AD797
1-6 リニアテクノジーのオペアンプIC LT1115
1-7 マキシムのオペアンプIC MAX4475シリーズ
1-8 JRCのオペアンプIC MUSES8820
1-9 ナショナルセミコンダクターのオペアンプIC LME49860
1-10 TIのオペアンプIC概要
1-11 5532/5534 TI/JRC
1-12  FET入力低歪みオペアンプIC
1-13  高速・高精度FET入力オペアンプIC OPA627
1-14  高精度オーディオ用オペアンプIC OPA2134
1-15  高速・高精度、単電源レール・トゥ・レールオペアンプIC OPA2353

 

第2章 各社オペアンプICの特性実測と音質評価
2-1 オペアンプICの特性測定概要
2-2 ゲイン周波数特性
2-3 THD+N特性
2-4 FFT特性
2-5 S/N特性
2-6 音質評価

 

コラム

お詫びと訂正

Book

趣味

関連情報