Facebookでシェア xでシェア Lineに送る メールで送る

近刊

かがくあそび366

「試す力」「考える力」「楽しむ力」が伸びる1日1実験

著者: 山村 紳一郎 / 編集: 子供の科学編集部

定価(税込)2,200円

発売日2024年07月12日

ISBN978-4-416-52426-8

理科が好きになる! 1日1実験のかんたんなあそびを通じて、好奇心と科学を楽しむ心を育てよう。

内容

100年続く科学雑誌の集大成!
5円玉がルーペに⁉ コーラが水に変身!? めちゃくちゃ簡単なのに、あっと驚く!
1日1実験の科学あそびで理科脳を楽しく身につけよう

 

家にあるものを使ってできる、おもしろい科学遊びを366個集めました。
水の入ったペットボトルを顔の前に持っていくと変顔が現れたり、
白黒のコマをまわすと、カラフルなコマに変身したり、
びんの上に置いた100円玉がブツブツおしゃべりしたり…。
思わず「なぜ?」「どうして?」と聞きたくなるような不思議なものばかりです。
毎日楽しく遊びながら、この「なぜ?」「どうして?」の気持ちを育て、科学する力を伸ばします。

 

366のすべての実験が写真またはイラストつき。
まずはビジュアルを見て、「やってみたい!」と思ったものにトライするのもおすすめです。
科学遊びにチャレンジした後は解説文をチェック。
どんなしくみや原理が関係しているのかがコンパクトにまとまっているので、
理科の授業や自由研究の参考にもなるでしょう。

 

また、それぞれの実験にはその実験の内容に関するキーワードが明記されています。
「揚力」「屈折率」「ベルヌーイの定理」など、お子さんにはまだ少し難しい単語ですが、
もっと詳しく調べたいときのヒントにでき、学ぶ意欲を後押しします。
保護者の方がお子さんと一緒になって調べたり、
学校の先生が授業に使える実験を探すのに役立てたりもできるしかけです。

 

理科が大好きな子はもちろん、ちょっと苦手な子も、がっつり文系の大人も、
気軽に遊びをするなかで、不思議に感じたことを「試す」こと、その結果を「考える」こと、
そしてそのすべての工程を「楽しむ」こと
―つまり、科学に必要な土台―を自然と身につけることができます。

 

小中学生向け。総ルビ仕様。

著者紹介

山村 紳一郎(ヤマムラ シンイチロウ)

和光大学非常勤講師。東海大学海洋学部卒業。雑誌記者、カメラマン等を経て、サイエンスライターとして科学技術や科学教育分野の執筆活動に従事する。雑誌や書籍の執筆のほか、科学イベントの主宰、テレビの科学番組の監修なども手がける。

子供の科学編集部(コドモノカガクヘンシュウブ)

商品名 かがくあそび366

商品名(カナ) カガクアソビサンロクロク

著者名 山村 紳一郎

編集者名 子供の科学編集部

判型 A5

ページ数 384

お詫びと訂正

Facebookでシェア xでシェア Lineに送る メールで送る

関連情報