図解 規矩術の基礎と実践

曲尺の使い方の基礎から応用までを折り紙でわかりやすく解説

編集: 大工道具研究会

定価(税込)3,520円

発売日2015年04月09日

ISBN978-4-416-61448-8

内容

古建築で使われてきた「規矩術」の技法。
それは主に社寺などの軒回りの構造に見ることができます。

それらの構造を踏まえ、「規矩術」の目的を知ることから、実際の軒回り作りを巻頭のカラー写真で解説していきます。
「規矩術」の考え方や使い方は、折り紙で模型を作りながら、その構造を理解し、実際に1本の曲尺(さしがね)から、墨付けができるようになるまでを解説していきます。

監修は近世規矩術の選定保存技術保持者である持田武夫氏が担当。
氏が推奨する折り紙模型を使った規矩術の学習方法を用い、規矩術の考え方を根本から理解するための教本。

写真で見る曲尺の種類と歴史 
古建築を担う職人たち 
写真で見る軒回りの種類と名称 
規矩術とは 
規矩の歴史 
軒回りの解説 
曲尺の解説ー特徴と使い方 
勾配の基礎知識 
勾配の応用と実践 
折り紙でつくる各種模型…など

商品名 図解 規矩術の基礎と実践

商品名(カナ) ズカイ キクジュツノキソトジッセン

編集 大工道具研究会

判型 B5

ページ数 144

お詫びと訂正