増補改訂 鋸・墨壺大全

ノコギリと墨壺の使いこなしを網羅した決定版

編集: 大工道具研究会

定価(税込)3,850円

発売日2014年02月14日

ISBN978-4-416-61477-8

内容

大工道具として、鉋(カンナ)、鑿(ノミ)とともに重要な役割を担う鋸(ノコギリ)と、鋸を使う際に使用する墨壺(スミツボ)をテーマに、それぞれの種類や用途、仕立て、使い方、手入れ、歴史、名品紹介などを網羅した決定版の書籍です。
鋸は、大鋸、前挽大鋸、台切、ガガリなどの木材を挽き割るためのものから、廻し挽き、畦挽き、胴突き鋸など精度の高い加工に適したものまでを徹底紹介。さらに丸太を切る前に行う墨付け作業で必ず使う道具、墨壺、曲尺、罫引きなどについても、詳しく紹介します。実際に現場を訪れ、その手仕事ぶりや技術のノウハウを取材しているのも本書のポイントです。
※本書は、2011年5月に誠文堂新光社より発行された『鋸・墨壺大全』に記事を16p追加し、増補改訂したものです。

商品名 増補改訂 鋸・墨壺大全

商品名(カナ) ゾウホカイテイ ノコギリ スミツボタイゼン

編集 大工道具研究会

判型 B5

ページ数 192

鋸鍛冶・伝統を受け継ぐ者
写真で見る鋸の種類
柄のはなし、保管のはなし、調整のはなし
ノコギリの歴史
写真で見る墨壺と儀式道具
墨壺職人インタビュー
スミツボの歴史
史料から探る 大鋸、前鋸、台切の実体
名品から学ぶ曲尺の歴史
宮大工が作る墨さし
墨さしの使い方と手入れ
プロから学ぶ釿使いの技術
仁方の職人技
名工が遺した鋸
歴史の中の銘作鋸

お詫びと訂正

関連情報