天文年鑑 2015年版

編集: 天文年鑑編集委員会

定価(税込)1,100円

発売日2014年11月17日

ISBN978-4-416-11471-1

内容

2015年に起こる天文現象と、2014年の観測結果などを掲載します。
2015年の注目の天文現象は下記のとおりです。 とくに4月4日の皆既月食は全国各地で見られるため、大きな話題になります。また2015年は、主要な流星群について条件がよく、注目が集まります。

★4月 4日 皆既月食
★8月13日 ペルセウス座流星群極大(月明かりなく好条件で見られる)。夏休み
★カタリナ彗星 秋から冬にかけて、3〜4等級になるとの予報がある。
★10月26日 金星と木星が大接近 火星も近くにいる
★1等星のアルデバランが月に隠される珍しい現象がある。(10月2日、11月26日)
★しし座流星群(11月18日) 月明かりがなく、条件良好。海外でいつも以上に流れるのでは? という予報もあり、日本でも目が離せない。
★ふたご座流星群(12月14、15日) 安定して明るい流星がたくさん流れるため、今一番注目される流星群である。月明かりなく条件良好。

著者紹介

天文年鑑編集委員会(テンモンネンカンヘンシュウイインカイ)

国立天文台をはじめとした研究機関、アマチュア天文家からプロの観測者、研究者までを含めた各天体観測のエキスパートなど。

商品名 天文年鑑 2015年版

商品名(カナ) テンモンネンカン ニレイイチゴネンバン

編集 天文年鑑編集委員会

判型 B6

ページ数 344

お詫びと訂正

関連情報