Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る

新刊

反射望遠鏡光学入門

天文アマチュアのための

著者: 吉田 正太郎

定価(税込)5,500円

発売日2021年09月09日

ISBN978-4-416-62151-6

反射望遠鏡の基本的な原理と技術について、豊富な図面を掲載しながら、理解できるように解説。

内容

本書は2005年に発行した『新版 反射望遠鏡光学入門』の復刻版です。

 

光学系の研究で優れた業績を残した著者が、天文アマチュアや光学技術関係者のために、反射望遠鏡の基本的な原理と技術について、豊富な図面を掲載しながら、一部を除き高校数学程度の力があれば理解できるように解説しています。

 

前半では反射望遠鏡の歴史、反射望遠鏡の光学入門、反射望遠鏡の種類など、望遠鏡の光学系を学ぶための基礎的な事項を解説。
後半では、反射望遠鏡のレンズ、収差、シュミット・カメラ、マクストフ系望遠鏡、シュミット・カセグレン望遠鏡、リッチークレチァン望遠鏡、巨大望遠鏡・超巨大望遠鏡といったテーマを詳細に解説しています。

 

これから望遠鏡の光学を学ぼうと思っている天文ファン、学生、技術者にぜひ手に取ってもらいたい内容となっています。

著者紹介

吉田 正太郎(ヨシダ ショウタロウ)

1934年東京帝国大学理学部天文学科卒業。
東京帝国大学、東北帝国大学を経て、1960年東北大学教授に就任し、天体測定学や応用光学などを研究。
1950年から仙台市天文同好会の会長を務めるなど、アマチュアの天文家としても活躍。
1976年の定年退官後は、東北大学名誉教授として後進の指導にあたる。
1982年、天文知識普及、天文台施設運営指導、科学教育向上に寄与した功を評価され、仙台市市政功労者に選ばれる。
1985年に勲二等瑞宝章受章。2002年仙台市同好会名誉会長。
主な書籍に『アマチュアのための望遠鏡光学』『望遠鏡発達史』『光学機器大全』(いずれも誠文堂新光社)など著書多数。
2015年7月、永眠。

商品名 反射望遠鏡光学入門

商品名(カナ) ハンシャボウエンキョウコウガクニュウモン

著者名 吉田 正太郎

判型 A5

ページ数 316

1 反射望遠鏡が宇宙を開発した
2 反射望遠鏡の一般光学
3 反射望遠鏡の種類
4 鏡材
5 収差とその対策
6 シュミット・カメラ
7 マクストフ系望遠鏡
8 シュミット・カセグレン望遠鏡
9 リッチー・クレチァン望遠鏡
10 巨大望遠鏡、超巨大望遠鏡

お詫びと訂正

Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る

関連情報