Book

料理
Facebookでシェア xでシェア Lineに送る メールで送る

新刊

ハーブと薬味でおつまみ

いつもの食材と組み合わせる 酒によく合うクセありレシピ

著者: 若井 めぐみ

定価(税込)1,760円

発売日2024年06月11日

ISBN978-4-416-72369-2

ハーブと薬味、余りがちな香草類をまるっと使い切る食材救済レシピ集。

内容

特別な日の料理に使うべく、気合を入れて購入したハーブを使い切れないまま冷蔵庫に入れておいてシナシナになってしまった、そんな経験はありませんか?
市販のハーブはレシピの分量以上で売られていることが多いため、使いきれずに残ってしまい冷蔵庫の隅でカピカピになっていることがしばしば。使い慣れていない食材なので、他の料理でどのように使えばよいか思い浮かばず、考えているうちにダメにしてしまうこともありがちです。同様に「日本のハーブ」といわれる薬味類も、冷蔵庫の中でカラカラになっているケースを散見します。
ハーブや薬味を「特別な日の料理」ではなく「毎日の料理」で気軽に使ってみませんか。この本では、晩酌のアテにもってこいの一品として、ハーブと薬味で気軽に作れるつまみのレシピを紹介します。

 

調理手順は3ステップまで。のせるだけの秒速レシピから、まぜるだけ・あえるだけのサラダ系、肉と魚と一緒に焼くだけのちょっとしたメイン、シメにちょうどいいがっつり系まで、帰宅後の短時間でさくっと簡単に作れるレシピを掲載。つまみでありつつごはんに合うおかずでもあり、1品料理としても完結し、習慣的に食べたくなる定番料理にもなりえるおかずレシピを紹介します。

 

定期的にレシピに取り入れることで、特別な日にだけ購入する食材から、無くてはならない日々の食材に早変わり。食材の臭みを消したり、食欲を刺激してくれたり、香りでリフレッシュできたり、使い勝手と期待される効能の多さにも驚きます。使い慣れてくれば、好みの食材との組み合わせ方を楽しんだり、いろいろなお酒との相性を試してみたり、意外な楽しみ方が見つかるかもしれません。
味や食感にクセがあり、好みがわかれがちなハーブや薬味ですが、一度そのクセにはまってしまうと何度でも食べたくなり、無いとちょっと物足りなく感じるようになってしまうかも。やみつき系つまみの魅力にどっぷりハマってみてください。

著者紹介

若井 めぐみ(ワカイメグミ)

料理家、ハーブ料理家。ELLE gourmet 公認料理家、料理王国オフィシャル料理家、JAMHA認定ハーバルセラピスト。
ハーブをテーマにした料理教室「ヴェール エクラタン」を主宰。ホテル、レストラン、カフェなどの飲食店や洋菓子店勤務を経て独立。身体に優しく簡単で美味しい再現性の高いレシピに定評がある。オンライン料理教室、サロン内で情報発信中。

商品名 ハーブと薬味でおつまみ

商品名(カナ) ハーブトヤクミデオツマミ

著者名 若井 めぐみ

判型 A5

ページ数 144

はじめに/この本の使い方 ・一手間だけのおつまみ(アボカドのシラスのバジルのせ、みょうがとトマトの即席ナムル、生ハムときゅうりのミントのせ……) ・ひんやり系即席おつまみ(ゆで卵のザーサイパクチー、サーモンのコチュジャン和え 大葉包み、パセリとりんごのサラダ…) ・あったか系即席おつまみ(薬味たっぷり トマト麻婆豆腐、手羽中ととうもろこしのローズマリーソテー…) ・作り置きできるおつまみ(ちくわと青ねぎのポテトサラダ、なすとツナのミントマリネ、ズッキーニとカニかまのディルレモン風味…) ・スパイシーなおつまみ(鶏ひき肉とミックスナッツのミントサラダ、塩さばのカレーハーブグリル、ソーセージのスパイシーパセリソース…) ・パーティーのおつまみ(ディル明太子ディップ、スペアリブのハーブマリネグリル…) ・おかず系がっつりおつまみ(レモンと大葉の唐揚げ、チキンソテー セロリソース、ぶりのねぎしょうが蒸し…) ・ご飯のお供、シメのおつまみ(ルッコラチャーハン、薬味ドライキーマカレー、牛肉のバジルしぐれ煮…)

お詫びと訂正

Book

料理
Facebookでシェア xでシェア Lineに送る メールで送る

関連情報