和のビーズと観賞知識

ビーズバッグの意匠、制作技術、由来から着物との取り合わせまで

著者: 似内 惠子

定価(税込)3,520円

発売日2014年12月05日

ISBN978-4-416-71454-6

内容

昭和30年代、40年代といういわゆる高度成長期になると、着物はふだんあまり着られず、「よそ行き」のときに着ることが多くなってきました。

そのようなシーンでの着物は、友禅をはじめとする「やわらかい着物」が主でしたが、取り合わせて特に好まれたのがビーズバッグでした。

当時のビーズバッグには輝き、きらめくビーズが、緻密に、色彩豊かに刺繍されており、今も私たちを魅了してやみません。

 

本書では、NPO法人京都古布保存会所有のビーズバッグ、ビーズの羽織紐、半襟、草履などを中心に「和のビーズ」約150点を、法人代表の似内惠子が紹介します。

外国の方にもご覧いただけるよう、英語訳入りです。

 

また、昭和30年代、昭和40年代当時のビーズ・ビーズバッグ産業について、当時の着物や着物周りについても資料写真を用いて解説。

さらに、「ビーズ」以前の「和玉」の世界や国外のビーズとの関わり、今日世界で活躍している人々についても紹介しています。

奥深い「和のビーズ」の世界をお楽しみください。

商品名 和のビーズと観賞知識

商品名(カナ) ワノビーズトカンショウチシキ

著者 似内 惠子

判型 [ 縦 : 227mm ] [ 横 : 152mm ]

ページ数 288

お詫びと訂正