鉋 削りの技法

1/1000ミリを究める薄削りの極意を知る

監修: 削ろう会 / 編集: 大工道具研究会

定価(税込)3,850円

発売日2018年01月05日

ISBN978-4-416-61753-3

内容

鉋による薄削りで出る削り屑を「削り華」と呼ぶ。
透き通るような薄い削り屑を出すためには、4マイクロメートル、5マイクロメートルといった削り屑を出す必要がある。
鉋による薄削りを競技化し、その薄さと削った木材の仕上がりの美しさを競うことで、職人の鉋使いの技術を研鑽してきた削ろう会。
今年で20年を迎えたこの会の、技術の集大成ともいえる鉋の仕立てとして、研ぎ、削りのテクニックを紹介する。

商品名 鉋 削りの技法

商品名(カナ) カンナ ケズリノギホウ

監修 削ろう会

編集 大工道具研究会

判型 B5

ページ数 176

お詫びと訂正

関連情報