新刊

しかけに感動する「東京名庭園」

庭園デザイナーが案内

著者: 烏賀陽百合

定価(税込)1,980円

発売日2019年10月03日

ISBN978-4-416-51965-3

庭園デザイナーが教える東京庭園の見方。庭のしかけから鑑賞し文化や歴史を知る楽しみ方を紹介。

内容

2018年3月刊行の「しかけに感動する『京都名庭園』」は、庭園デザイナー・烏賀陽百合が京都の名庭園の歴史、エピソードなどを豊富な写真とともに紹介し、好評を得ました。

 

庭園で名高い街といえば、まず京都。しかし、東京にも数多くの名庭があります。
本書では有名庭園から一般にはあまり知られていない名庭まで、17箇所の東京庭園を「しかけに感動する『京都名庭園』」の烏賀陽百合氏が紹介。
東京を訪れる人達にとって興味深い、「庭」をテーマにした東京のガイドブックであるとともに、東京在住の人達が新たな東京の魅力を発見できます。

 

東京庭園は、私達をどこかへ「誘う庭」だ。憧れの場所や、和歌、俳句に詠まれた世界など、想像の世界に運んでくれる。そして時を超えて、江戸、明治、大正、昭和、平成の時代に生きた人々の想いや美意識を伝えてくれる。(「はじめに」より)

著者紹介

烏賀陽 百合(ウガヤ ユリ)

京都市生まれ。庭園デザイナー、庭園コーディネーター。

同志社大学文学部日本文化史卒業。兵庫県立淡路景観園芸学校、園芸本課程卒業。

カナダ・ナイアガラ園芸学校で3 年間学ぶ。イギリスの王立キューガーデンでインターンを経験。

173月にN Yのグランドセントラル駅構内に石庭を出現させ、プロデュース。

現在東京、大阪、広島など全国のNH K文化センターで庭園講座、京都、鎌倉でガーデニング教室を行う。

毎日新聞旅行で庭園ツアーも開催。著書に『しかけに感動する「京都名庭園」』(誠文堂新光社)、『一度は行ってみたい 京都絶景庭園』(光文社)、『ここが見どころ 京都の名園』(淡交社)がある。

商品名 しかけに感動する「東京名庭園」

商品名(カナ) シカケニカンドウスルトウキョウメイテイエン

著者 烏賀陽百合

判型 46

ページ数 208

はじめに

小石川後楽園
浜離宮恩賜庭園
カナダ大使館
ホテル椿山荘東京
ホテルニューオータニ
六義園
朝倉彫塑館
旧古河庭園
浅草寺伝法院
旧芝離宮恩賜庭園
草月会館
山本亭
八芳園
清澄庭園
五島美術館
国際文化会館
子規庵

東京名庭園 花図鑑
東京名庭園 石&石造物図鑑
東京名庭園 灯籠図鑑

おわりに
東京名庭園マップ

お詫びと訂正

関連情報