近刊

文豪の死に様

著者: 門賀 美央子

定価(税込)1,650円

発売日2020年11月05日

ISBN978-4-416-51949-3

「死」を起点に、文豪たちの生き様をプロファイリング。巻末に京極夏彦氏との対談を掲載。

内容

「死ぬ間際まで何かを書かずにはいられない、その辺が文豪の文豪たる所以なのかな」
―京極夏彦(小説家)

太宰治38歳、芥川龍之介35歳。
作家は早死にだ。
いや、志賀直哉は88歳、井伏鱒二は95歳まで生きた。
人生が様々なように、死も様々だ。
生物である限り絶対に避けようがない死。
人生最大の苦ではあるが、時には救済となることもある。

文学という手段で人生に取り組んだ文豪たちは、どんな死を迎えたのか。
迫りくる死の影は、作品に何らかの影響を与えたのか。
死の直前、彼らが見ていたのはどんな風景だったのだろう。

死に方を考えることは生き方を考えることだ。
本書では、小説を通して様々な人生を世に問うてきた文豪たちの人生を、死という消失点にむかって遠近法的に見ていく。
そうすることで、その作家の人生、そして作品をより深く多角的に省察しようとする試みである。

巻末に、京極夏彦氏との対談を掲載!

著者紹介

門賀 美央子(モンガ ミオコ)

1971年、大阪府生まれ。文筆家、書評家。主に文芸、宗教、美術関連の書籍や雑誌記事を手掛ける。
著書に『自分でつける戒名』(エクスナレッジ)、『ときめく御仏図鑑』『ときめく妖怪図鑑』(ともに山と渓谷社)。
企画・原案に『お嬢様のお気に入り』(波津彬子著/小学館)がある。

ここだけの話

芥川龍之介の死の真相が、一枚の絵に隠されている

芥川龍之介の自殺の原因には諸説があります。

「敏感な芸術家の魂が帝国主義日本を滅亡に導いた社会劣化の気配を敏感に感じ取ったから」
「近代から現代に移りゆく世相に絶望を感じたから」
「純粋に文学的死」
「発狂への恐怖」
「女性関係のこじれ」

 

「ぼんやりした不安」と書き遺したその真意はなんだったのか。

 

本書の著者・門賀美央子さんは、その真相を晩年のある作品に見出します。
その真相とは、作家としてはあまりにも悲しい絶望をともなうものでした。

 

 

今回の書籍化にあたり、装丁画を依頼したのは漫画家の竹田昼さん

本書の原稿を読んだ竹田さんは、この本の装丁画として一枚の絵を完成させました。

 

絵のモチーフは、何やら思案顔の芥川龍之介です。
アマゾンの画像や、書店に置いてある状態では帯がかかっているので、あぐらをかく芥川龍之介のみが表示されていますが、じつは、帯を取ると舟が現れます。

 

そしてさらにカバーを裏側まで広げると、その舟を漕ぎ、水の中から押しているのは2匹の河童

 

そう、芥川龍之介の自殺の真相は、最晩年の作品「河童」に明確に書かれていたのです。

 

 

 

ぜひその真相を、本書を手に取ってご確認ください。

 

そしてその後、カバーを広げてもう一度見てみてください。

 

何か感じ方が変わってきませんでしょうか?

商品名 文豪の死に様

商品名(カナ) ブンゴウノシニザマ

著者 門賀 美央子

判型 46

ページ数 312

樋口一葉■闇落ち前に斃れたこじらせ女子:明治二九(一八九六)年、病死。享年二十四
二葉亭四迷■元祖意識高い系、洋上に死す:明治四十一(一九〇九)年、病死。享年四十五
森鷗外■「馬鹿らしい」と叫びながら墜ちた巨星:大正十一(一九二二)年、病死。享年六十
有島武郎■夢想に生きた男の理想の最期:大正十二(一九二三)年、情死。享年四十五
芥川龍之介■文壇アイドル、「世間」に敗れる:昭和二(一九二七)年、自死。享年三十五
梶井基次郎■早世の青春作家はバカッター?:昭和七(一九三二)年、病死。享年三十一 
小林多喜二■国に挑み殺された男:昭和八(一九三三)年、拷問死。享年三十 
岡本かの子■鵺は美しく散る:昭和十三(一九三八)年、病死。享年四十九
林芙美子■誰が芙美子を殺したか:昭和二十六(一九五一)年、病死。享年四十七 
永井荷風■偉大なる孤独死の先駆者:昭和三十四(一九五九)年、病死。享年七十九
京極夏彦×門賀美央子 対談

お詫びと訂正

関連情報