ペット基礎中医学

著者: 楊達 / 著者: 石野孝 / 著者: 陳武

定価(税込)17,600円

発売日2019年02月08日

ISBN978-4-416-91860-9

内容

中医学とは中国伝統医学のことを指します。
中医学は人を対象にした医学で、動物を対象にしたものは中獣医学といいます。

中獣医学は本来、馬や牛など産業動物の医学として発達したものですが、近年のペットブームやペットの高齢化に伴って、犬や猫にも中獣医学を取り入れる機会が増えてきています。
しかし、人と生活を共にするペットは、伝統的な産業動物を対象とした中獣医学と違って、人の中医学を参考にしなければならないことが多く、また、言葉を発しない犬や猫においては、人の中医学とは異なる「ペット中医学」という独特な新しい分野の必要性を痛感します。

本書はそれに応え得る専門書で、中医師と中獣医師によって書かれ、初学者はもちろん、すでに中医学や中獣医学を学んだ人たちにとっても、ペット独自の中医学の基礎が学習できます。
また、本書は中医学の本場である中国や、ペットの先進国である欧米に先駆け、日本で発刊します。
日本からまったく新しい分野である「ペット中医学」が世界に向けて発信される礎になることを期待しています。

著者紹介

楊 達(ヨウ タツ)

中国、雲南省出身。雲南中医学院大学院を経て雲南中医学院中医外科・皮膚科教室勤務(講師)。
1993年 埼玉医科大学皮膚科教室留学(医学博士号取得)。
現在、イスクラ産業株式会社取締役、世界中医薬学会連合会常務理事ほか。
主な著書に、『アトピー性皮膚病の正体と根治法』(文芸社)『あなただけの美肌専科』(文芸社)ほか。

石野 孝(イシノ タカシ)

獣医大学卒業後、中国内モンゴル農牧学院(現・内モンゴル農業大学)にて中獣医を学ぶ。
1993年 かまくら げんき動物病院を開院。
日本ペット中医学研究会会長、国際中獣医学院日本校校長、中国伝統獣医学国際培訓研究センター名誉顧問ほか。
主な書籍に、『日中英版 犬猫経穴アトラス』(漢香舎)、『国際中獣医学院日本校主編 小動物臨床経絡・経穴自習帳』(漢香舎)ほか。

陳 武(チン ブ)

中国、西安出身。1984年中国青海省畜牧獣医職業技術学院獣医専攻修了。
現在、北京農学院教授、アジア伝統獣医学会/アジア中獣医学会(ASTVM/ASTCVM)秘書長、世界中獣医協会(WATCVM)常務理事ほか。
主な著書に、『中獣医学』(中国農業出版社)、『中獣医験方と妙用』(中国化学工業出版社)ほか。

商品名 ペット基礎中医学

商品名(カナ) ペットキソチュウイガク

著者 楊達

著者 石野孝

著者 陳武

判型 B5

ページ数 168

第1章 中獣医学の概念と沿革
中獣医学の基本/中獣医学理論の形成と発展/ペット中医学の発展/ペット中医学の特徴

第2章 陰陽五行学説
陰陽学説/五行学説

第3章 蔵象学説
蔵象概説/臓腑の生理と病理/三焦と奇恒の腑

第4章 精、気、血、津液
精/気/血/津液/精、気、血、津液の相互関係

第5章 経絡学説
経絡の概念と経絡系統/経絡の生理機能と臨床運用/十二経脈/奇経八脈の総合作用/十二経別、十二経筋、十二皮部

第6章 病因
六淫/七情/飲食、労逸、外傷と痰飲、瘀血

第7章 発病と病機
発病/病機

第8章 診断
望診/聞診/問診/切診

第9章 予防と治則
予防/治則

第10 章 弁証論治
弁証論治の基本概念と手順/弁証論治の基本内容

第11 章 ペット中医の常用方剤
方剤の配合原則/常用方剤

お詫びと訂正