コウモリの謎

哺乳類が空を飛んだ理由

著者: 大沢 啓子 / 著者: 大沢 夕志

定価(税込)1,650円

発売日2014年04月15日

ISBN978-4-416-11442-1

内容

なぜ、いつ、どのようにしてコウモリは翼を授かったのか。

翼を持つ数少ない哺乳類の中でも、まるで鳥のように優れた飛翔能力で、自由に大空を飛び回るコウモリ。その進化によって、世界中に広がり、1200種類以上もいる哺乳類として大繁栄に成功しました。その進化は謎が多く、近年のDNAの分析調査では、なんとウマに近い特徴を持つともいわれています。鳥のようでもあり、サルのようでもあり、ウマにも近い……いったいコウモリとは何者なのか、長年にわたって世界中のコウモリを観察してきた著者が、その正体に迫ります。

また、コウモリは最も身近にいる野生哺乳類。家の軒下や近所の公園、学校、神社、電車や高速道路の高架下、少し足を伸ばせば観光洞窟や沖縄などで観察することができます。不思議なコウモリの姿や生活を、あなたの目で調査するポイントも紹介します。

著者紹介

大沢 啓子/大沢 夕志

1988年に南大東島でオオコウモリに出会って以来、その姿を求めて世界を巡っている。お話会や観察会、企画展示など、コウモリの魅力を伝える活動をしている。コウモリの会評議員。主な著書に『身近で観察するコウモリの世界』(誠文堂新光社)、『オオコウモリの飛ぶ島』『二人のロタ島動物記』(山と渓谷社)、『南大東島自然ガイドブック』(ボーダーインク)、『コウモリ観察ブック』(共著、人類文化社)

商品名 コウモリの謎

商品名(カナ) コウモリノナゾ

著者 大沢 啓子

著者 大沢 夕志

判型 四六

ページ数 144

1章 コウモリっていったい何者!?
2章 空を飛ぶための体
3章 闇夜を飛ぶための超音波
4章 空を飛ぶメリット
5章 コウモリの生活スタイル
6章 コウモリを観察しよう

お詫びと訂正

関連情報