ペンギンの不思議

鳴き声に秘められた様々な役割

著者: 宮﨑 正峰

定価(税込)1,650円

発売日2014年10月03日

ISBN978-4-416-11450-6

内容

日本人は世界でも有数のペンギン好きで、飼育数約3,400羽は世界一と言われている。
その可愛らしい姿の虜になる人も多く、たいへん人気があるが、実際の生態について知っている人は少ない。
ペンギンは、つがいになる相手をどのように選ぶのか、また何万羽もいる群れの中からどうやって自分の家族を探し出すのかといった疑問に答える鍵となるのが、鳴き声によるコミュニケーションである。
本書は、その鳴き声に隠された役割を紹介するとともに、長年フィールドでペンギンと向き合ってきた著者ならではの視点で、ペンギンに関する基礎知識や研究過程でのエピソードを紹介する。
また、環境変動などペンギンが直面している問題などにも触れ、地球にいる生物の一つとして紹介する。
ペンギンを通して、生物研究の楽しさや奥深さを理解してもらえるような内容となっている。

著者紹介

宮﨑 正峰(ミヤザキ マサミネ)

1966年千葉県生まれ。
北海道大学で海鳥の生態を研究。その後、University of Waikatoにおいてリトルペンギンの行動生態の研究で博士号を取得。ニュージーランド南極観測隊員としてウェッデルアザラシの調査経験もある。
現在は、東京都市大学などで生物学を教えるほか、ペンギンや動物について楽しくわかりやすく話すことをモットーに講演等も行っている。

商品名 ペンギンの不思議

商品名(カナ) ペンギンノフシギ

著者 宮﨑 正峰

判型 四六

ページ数 144

お詫びと訂正

関連情報