増補改訂版 スイッチング電源設計基礎技術

イラストでよくわかる電源回路の理論と実践

著者: 前坂昌春 / 監修: 町野利通

定価(税込)2,750円

発売日2019年02月18日

ISBN978-4-416-61909-4

内容

応用範囲の広いスイッチング電源の設計技術を詳しく解説

「スイッチング電源」は、家電機器から業務機器、カーエレクトロニクスまで、現在主流となっている電力変換機です。
従来のトランス方式のアナログ電源と比べて、省電力、軽量、小型化できるメリットがあり、年々スイッチング電源の採用率が上がっています。

本書は学生からエンジニアまでを対象としたスイッチング電源回路の基本設計書です。
文章と数式だけの解説ではなく、マンガを使ってわかりやすく解説しています。
イラストと図も多く使用し、初心者にも理解しやすいだけでなく、実際に設計し、動作させてみないとわからないところまで、長年スイッチング電源製造の現場に携わった筆者のノウハウが、実践的ですぐに役立つ内容として定評があります。

増補改訂版では新たな技術の進歩に対応するとともに、第13章として近年採用されることの多い「力率改善回路」を追加。
マンガ、イラストもすべて差し替え、装いを新たにしました。

著者紹介

前坂 昌春(マエサカ マサハル)

スイッチング電源製造の大手メーカーで、1981年より設計に関わる。
プロジェクトリーダー、新人教育などを通じ、スイッチング電源設計のノウハウを多くの人に伝えている。

商品名 増補改訂版 スイッチング電源設計基礎技術

商品名(カナ) ゾウホカイテイバン スイッチングデンゲンセッケイキソギジュツ

著者 前坂昌春

監修 町野利通

判型 A5

ページ数 256

第1章 スイッチング電源とは
第2章 スイッチング電源の種類
第3章 入力部の設計
第4章 出力トランス
第5章 出力部の設計
第6章 インバーターの設計
第7章 制御系の設計
第8章 ノイズ対策設計
第9章 アブノーマル対策設計
第10章 実効値計算
第11章 フーリエ級数展開
第12章 表皮効果と近接効果
第13章 力率改善回路

お詫びと訂正