Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る

新刊

下水道第3種技術検定試験 必携過去問 2022-2023年版

最新過去問8年分を完全収録 分野別+年度別で総仕上げに最適

著者: 菅原 勇

定価(税込)3,960円

発売日2022年01月21日

ISBN978-4-416-52214-1

最新過去問8年分を収録した試験対策問題集。分野別5年分+年度別3年分収録で、本番前の総仕上げに最適。

内容

下水道第3種に合格したい人のための必携問題集。

 

下水道は、生活環境の向上・浸水被害の防止といった、
国民の身近な生活環境の改善を図る上で、必要不可欠な施設です。

 

全国の下水道処理人口普及率は、約8割に達しており、
農業集落排水事業・浄化槽事業等を含めた汚水の水洗化率は、
9割を超えるとされています。

 

そこで、今後最も重要となるのが、
下水道事業の継続(持続可能な下水道・維持管理技術)です。

 

「下水道(処理施設、ポンプ施設)の維持管理を行うために必要な技術」を習得する
「下水道第3種技術検定」は、日本の下水道を維持・継続するために絶対な必要な資格です。
SDGsを先取りした試験ともいえるでしょう。

 

本書は、2014年~2021年度の過去8年に出題された、全問題と解答・解説を収録した過去問題集です。
2014~2018年度の5年分は分野別に収録し、
2019~2021年度の3年分は年度別に収録しています。

 

まずは分野別に問題を解くことで、インプットした知識の確認と、基礎的なアウトプット力を鍛えることができます。
そして、本番と同じ形式の3年分の問題を解くことで、本試験に挑める合格力を身につけることができます。

著者紹介

菅原 勇(スガワラ イサム)

1955年生まれ。東京都出身。日本上下水道設計(現・NJS)、日新技術コンサルタント、宮城県震災復興支援職(利府町勤務)、アジア航測株式会社(東北支社)等を経て、現在、株式会社復建技術コンサルタント勤務。
保有資格:技術士(総合技術監理部門、上下水道部門)、下水道第1種技術検定、下水道第3種技術検定、RCCM(上水道及び工業用水道)、1級土木施工管理技士、測量士、酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者。

商品名 下水道第3種技術検定試験 必携過去問 2022-2023年版

商品名(カナ) ゲスイドウダイサンシュギジュツケンテイシケン ヒッケイカコモン ニセンニジュウニ ニセンニジュウサンネンバン

著者名 菅原 勇

判型 A5

ページ数 352

第1部 分野別
(2014年度、2015年度、2016年度、2017年度、2018年度)
第1章 法規
第2章 下水処理
第3章 汚泥処理
第4章 工場排水
第5章 運転管理
第6章 安全衛生管理

第2部 年度別
2019年度 問題・解答
2020年度 問題・解答
2021年度 問題・解答

お詫びと訂正

Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る

関連情報