江戸の遊び切り紙

切り絵から立体透かし細工まで粋なかたちが満載

著者: パピエ舎

定価(税込)1,760円

発売日2016年12月01日

ISBN978-4-416-71661-8

内容

江戸にまつわる切り絵や、紙細工を遊ぶ本です。

江戸で生まれた粋な文様を、切り紙や透かし切り、蛇腹切りなどで楽しむ文様遊び。
江戸ならではの花火や相撲、金魚などの風物を、切り絵や立体カード、モビールなどで遊ぶペーパークラフト。
江戸の判じ絵や郷土玩具をテーマにしたおもちゃ作り。
かわいい江戸猫のワンポイント切り絵。
紙でつくる江戸の花など、型紙つきで誰でも簡単にお江戸情緒が楽しめます。

著者紹介

パピエ舎(パピエシャ)

ペーパークラフトを中心に、広く手作りの楽しさを伝えるグループ。伝統の切り紙をはじめ、和と洋を取り入れた新しい紙遊びの世界を提案している。ペーパークラフトの草分け、エキグチ・クニオ氏と共に「和を遊ぶ江戸の切り紙」(誠文堂新光社刊)など、多数の本を制作。

商品名 江戸の遊び切り紙

商品名(カナ) エドノアソビキリガミ

著者 パピエ舎

判型 [ 縦 : 210mm ] [ 横 : 182mm ]

ページ数 144

お詫びと訂正

関連情報